topimage

2013-02

花でもてなす喜多方 花ごよみ - 2013.02.26 Tue

喜多方市では豊かな自然を活かし、地域資源としての「花」をテーマにしたまちづくりを進めています。

hanamote023.jpg
あと一ヶ月もすれば福寿草が咲き乱れ、それを皮切りにカタクリ、桜、ひめさゆり、花しょうぶ、そばの花など、秋までずっと様々な花を楽しめます。
よかったら蔵とラーメンと一緒に「花の」喜多方を楽しみにきてみませんか?

詳しくは こちらをクリック

問い合わせ先
 喜多方市産業部観光交流課 花でもてなす係  TEL 0241-24-5200


ちなみに山都G.T.では4月28日に昨年同様、鏡桜、イワウチワ、カタクリを楽しむイベント、「山笑う飯豊山麓花紀行」を予定しています。

本日NHK総合18:10から - 2013.02.26 Tue

NHK総合テレビ、本日18:10からの「はまなかあいづToday」の番組内で、先日の「氷筍洞窟トレッキング」の模様が放送されるようです。

よかったらご覧ください。

(他県の方、たぶん視聴できません。すみません(苦笑))

福寿草まつり 開催日程変更のお知らせ - 2013.02.26 Tue

先日お知らせした沼ノ平の福寿草まつりについてですが、こちらをクリック

当初、3月17日(日)から4月6日(土)の予定でしたが、みなさんご存知のように今年は記録的な大雪のため花期が遅れることが予想され、

2013年3月30日(土)~4月21日(日)

に変更されることになりました。

よろしくお願いいたします。

氷筍洞窟トレッキング 追記 - 2013.02.18 Mon

氷筍洞窟トレッキングに取材で同行してくださった河北新報の今朝の朝刊にさっそく昨日のイベント記事が載りました。

ネットの記事は→こちらをクリック

よかったらご覧ください。

氷筍洞窟トレッキング 終了しました! - 2013.02.18 Mon

昨日2月17日、遠くは新潟、千葉からの参加者を迎え、総勢47名で、氷筍洞窟トレッキングが行われました。
先月のアニマルトラッキングイベントほどではないにしろ、今回も前日は結構降りましたが、当日はいい天気になりました。

CIMG0220.jpg

DSC_0334.jpg

IMG_0916.jpg
登り口で準備体操。

IMG_0918.jpg
今回は、10人単位で5つの班に分け、まずは第1陣、1~3班の方々で記念撮影。

DSC_0337.jpg

IMG_0924.jpg
1班から順番に登山開始。4日前に下見でつけたトレースは、昨日の雪でかき消され、最初のほうの班のスタッフはラッセルを強いられることに。

IMG_0925.jpg

IMG_0928.jpg

DSC_0339.jpg
私は5班の引率担当だったので、1~3班を見送り、第2陣の4,5班を待ちましたが、なかなか来ず。

それもそのはず、迎えにいったはずの車が凍結している下りでスリップして立ち往生してしまって。。。
4班はだいぶ手前から歩いて来ていただきましたが、電話が圏外でいいでのゆと連絡取れず、私は歩いて戻ったので時間がかかり、5班の方々には多大なご迷惑をかけることになってしまいました。

DSC_0335.jpg

DSC_0346.jpg

DSC_0341.jpg

DSC_0352.jpg

DSC_0344.jpg

DSC_0358_20130218101534.jpg
1~3班、後ろから合流した4班は深い雪で予定より遅れたものの、無事洞窟到着。

IMG_1783.jpg
1班のみなさん。

IMG_1784.jpg
2班のみなさん。

IMG_1785.jpg
3班のみなさん。

IMG_1787.jpg
4班のみなさん。

IMG_0966.jpg

CIMG0223.jpg
洞窟観察を終えた主力部隊は、峠に登り返して昼食タイム。

CIMG0225.jpg

IMG_0931.jpg
その頃、我々第5班はようやく登りはじめていました。。。。

IMG_0933.jpg
ちょっと雪がつもってわかりづらいかもしれませんが、稜線に雪の重みのせいかひん曲がって立っている巨木。
このへんでは「オンノレカンバ」と言うそうですが、正式には「オノオレカンバ」という木です。
オノオレつまり(斧折れ)というくらい硬い木で、昔は馬のソリとか木琴とかそろばんの玉とかに使われたそうです。
硬い、つまり成長がメチャクチャ遅い木で、今ではめったに見れない珍しい木ですが、ここ山都の山奥では黒森山とか他にも結構見れる場所があります。

IMG_0935.jpg
こちらのブナの木には、結構新しいツキノワグマの爪の痕が。
これもアニマルトラッキングのひとつです。

IMG_0934.jpg

IMG_0948.jpg
そして峠で1~4班とすれ違って、我々もようやく氷筍洞窟へ。

IMG_0953.jpg
いろいろありすぎてテンテコ舞いの1日でしたが、3人だけの、静寂が支配する洞窟の空気のご褒美いただきました。

IMG_0955.jpg

IMG_0961.jpg
写真中央奥の茶色く色が変わっているところわかりますか?
これ、コウモリの糞の山です(笑)。
氷筍は条件整えば、糞の上にもニョキニョキはえることがあるそうです。

IMG_0962.jpg
ヒカリゴケは目視では確認できましたが、写真に撮るには遠すぎて×。これはフジシダです。

IMG_0964.jpg
一億年以上前の地層。
もう私のイメージできる時空を逸脱してますね(苦笑)。

IMG_0967.jpg
氷筍はどこまでも清く、どこまでも透明で。

IMG_0940.jpg

IMG_0942.jpg
下山はお尻で滑っていくのを楽しんでいる方が多かったとのこと。

IMG_0944.jpg

DSC_0391.jpg

CIMG0243.jpg

5班の方々には本当に申し訳ない思いでいっぱいですが、怪我人もなく笑顔の1~4班の方々の満足された姿が救いでした。
来年は登り口までのアプローチの仕方をしっかり整備したいと思います。

参加者のみなさん、ラッセル等がんばってくれたスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!

第16回 福寿草まつり - 2013.02.15 Fri

昨日は寒晒しそばまつりの情報を載せましたが、そのときに同時に行ける山都のイベントがあります。


(注:追記 当初、3月17日(日)から4月6日(土)の予定でしたが、みなさんご存知のように今年は記録的な大雪のため花期が遅れることが予想され、2013年3月30日(土)~4月21日(日)
に変更されることになりました。
よろしくお願いいたします。)




福寿草002


福寿草005

福寿草まつりは寒晒しそばまつりとの協賛イベントになっていまして、そばまつりのチケットを持っていくと入場料が300円から200円に割引になります。

よかったら、おいしいおそばと美しいお花畑を堪能しに、早春の山都へ遊びにきてみませんか?

第16回 山都寒晒しそばまつり - 2013.02.14 Thu

前売り券の発売はすでにはじまってますが、チラシがようやく完成しました。

寒晒し009


寒晒し011

玄そば浸し作業は→こちらをクリック

玄そば引揚げ作業は→こちらをクリック


私は正直、新そばよりもこの寒晒しそばのほうがさらにおいしいと思っています。
是非ひとりでも多くの全国そばファンの方にご賞味いただきたいですね。

みなさんのご来場、お待ちしてます!

氷筍の下見に行ってきました - 2013.02.13 Wed

今週末に迫った、氷筍洞窟トレッキングの下見に行ってきました。
IMG_0857.jpg
ここが登り口です。いきなりの急登、登山道じゃないんで、普通わからないですよね(苦笑)。

IMG_0859.jpg
みるみる高度を稼ぎます。

IMG_0862.jpg
ここんとこかなり降っていたので、今日は膝くらいのラッセルとなり、難儀しました。

IMG_0867.jpg
いったんコルに出て、今度は東斜面を下ります。

IMG_0869.jpg
洞窟出現。

IMG_0892.jpg
奥に氷筍が。

IMG_0884.jpg

IMG_0885_20130213160118.jpg
写真では、本物の千分の一も表現できてないですが。。。。
人の手が全く入ってない、100%山の神様のおつくりになった芸術。

IMG_0882.jpg
やはり最高ですね。
今週末の参加者のみなさんには、是非ナマで見ていただきたいと思います。
鍾乳石と違って、永い年月をかけてできたものではないですが、逆にせいぜい2ヶ月の命、そのはかなさに「究極の美」を感じます。

IMG_0891.jpg
ついつい氷筍に目がいってしまいますが、洞窟を見上げると、中生代ジュラ紀(1億五千万年~2億年前)の海底の堆積岩が織り成す不思議な曲線が。
他にもフジシダやヒカリゴケなどの貴重な植物など、見所が結構あるので、当日ご質問ください。

IMG_0888.jpg

IMG_0893.jpg
当日はもうひとつ、少し下にある洞窟も訪れます。

IMG_0913.jpg

IMG_0902.jpg
こちらの洞窟にも見事に氷筍が出現してました。

IMG_0914.jpg

乞うご期待。
あとは当日の天気ですね~。

第14回会津絵ろうそくまつり - 2013.02.12 Tue

さる2月9日に、毎年この時期に鶴ヶ城などで行われる会津の冬の風物詩、「会津絵ろうそくまつり」に行ってきました。

IMG_0786.jpg

IMG_0783_20130209221614.jpg

IMG_0781.jpg
全部で7000本以上ともいわれる雪上にともされたろうそくの炎は、とても美しく幻想的で、私をイーハトーヴの世界へいざなってくれるのでした。

IMG_0717.jpg
どうしても灯篭流しのともしびとイメージがダブってしまうせいか、震災で犠牲になった方々、さらにさかのぼって戊辰の役で散っていった会津の先人達の御霊を連想してしまい、思わずおごそかに手を合わせてしまう自分がいました。

IMG_0710.jpg

IMG_0706_20130209221544.jpg

IMG_0720.jpg

IMG_0703.jpg

IMG_0731.jpg

IMG_0749_20130209221554.jpg
やはり「鶴ヶ城」の名は、雪で純白に化粧した、この時期の会津若松城にこそふさわしいですね~。

IMG_0748.jpg
「八重の桜」にちなんで、天守閣からみると桜の花に見えるようになっていたそうです。これは花びらの一枚ってことですね。

IMG_0728.jpg

IMG_0760.jpg

IMG_0756.jpg
復興へむけた我々の願いも込めて。

IMG_0774_20130209221604.jpg

IMG_0761_20130209221603.jpg

来年は鶴ヶ城と同時に絵ろうそくまつりが開催されている御薬園の方も行ってみようと思います。

会津絵ろうそくまつりのオフィシャルサイトは→こちらをクリック

ヒレンジャク保護 - 2013.02.08 Fri

以前、ウチのネコが天然記念物であるヤマネをくわえてきてしまったことはこのブログに書きましたが(こちらをクリック)、今度は山都の人のネコがくわえてきてしまった鳥が山都支所に持ち込まれてきました。

IMG_0669.jpg
ヒレンジャクでした。

IMG_0675_20130207144836.jpg

IMG_0678_20130207144834.jpg

IMG_0671_20130207144835.jpg

IMG_0674_20130207144835.jpg

IMG_0682.jpg

IMG_0681_20130207144853.jpg

IMG_0679_20130207144854.jpg
その名前の由来であるしっぽの先の「緋色」がきれいですね。
たまに木々の間を飛んでいるのをみかけることはありましたが、こんな間近で見るのははじめてです。
とりあえず、私のウチでおあずかりして、ヒレンジャク君には養生してもらうことにしました。

しかし、足のつけねに傷を負っていて、まったく飛べる気配はなく、この写真を撮った時は水も飲んでくれ少し元気だったのですが、その後また元気がなくなってしまいました。

なんとか飛べるくらい元気になってもらって、また空にかえしたいのですが。。。。
予断を許さない状況です。

ふみだら - 2013.02.07 Thu

雪国ならではの民具に「ふみだら」というのがあります。
IMG_0537.jpg
今は会津でもほとんど使われなくなってしまったようですが、おとなりのおばあちゃんが使っているのを見て、私もひとつ欲しいなあと思ってたら、当グリーンツー協議会の会長が「ウチに使ってないのあるからひとつあげるよ」、と。
とてもうれしかったです(笑)。

IMG_0544.jpg
漢字で書くと「踏俵」だそうなので、おそらく「ふみだわら」が変化して「ふみだら」となったと思いますが、俵に似ているせいなのか、実際に米俵を使っていたからなのかでこの名がついてるのでしょうかね。
こうやって踏みながら道をつくる道具です。雪を「どかす」というより「踏み固める」んですね。

IMG_0541.jpg
かつては遠く離れた学校へ登校する子供たちのために集落の大人が朝早くからふみだらで道をつくったり、逆に学校から戻った子供たちが家の周りを踏み固めてお菓子とかご褒美をもらっていたんだと聞きました。

もちろん今は機械による除雪が主で、そのほうが効率的なので、ふみだらが使われなくなったのは当然でしょう。
でも、なんか失われたくない雪国の大切な民俗文化のひとつだと思ったりします。

極寒のアラスカ、灼熱のアタカマ砂漠、ネパールヒマラヤなど辺境の地を旅してきて私が感じたのは、取り巻く環境が苛酷であればあるほど、そこに住んでいる人々はほんとうに他人に優しいということ。

会津の人もその例外ではなく、ほんとみなさんによくしていただいています。
共同体としての相互扶助。
そんな精神がふみだらはじめ、いろんな会津の民具、その背景にある文化にしみこんでいる気がするんですね。

私はそんなことを考えながら譲り受けた「ふみだら」で道を踏み固めるのでした(笑)。
昨年の注連縄もそうですが、ふみだらの作り方も今度学びたいなと思ってます。

IMG_0547.jpg

IMG_0548.jpg

IMG_0552.jpg


アニマルトラッキング番外編~この足跡は? - 2013.02.06 Wed

先日、うちの近くの田んぼを走ってると、なんだかあまりみかけない足跡が視界に入りました。
降りて確認してみると、こんな感じの足跡が↓
IMG_0653.jpg

IMG_0652_20130203200728.jpg

すぐにはわからなかったのですが、周囲を見回すと、なるほど、足跡の主が。
IMG_0651.jpg
白鳥でした。
この近くに白鳥のいっぱい飛来する小さな沼があるのですが、そこからちょっと散歩にでてきたのでしょうか。
4羽ほどいました。

IMG_0649.jpg

IMG_0645.jpg



IMG_0401_20130206091751.jpg
そして、本場、猪苗代湖の方は今、こんな感じです。

IMG_0404.jpg

IMG_0403_20130206091752.jpg

IMG_0405.jpg
最後にもうひとつアニマルトラッキング。
この足跡は???
羽ばたこうとしたのか、写真左手前の羽の跡がきれいですね。



IMG_0409_20130206091751.jpg
答えはオナガガモでした~。

「八重の桜」新ポスター 福島は咲きつづける。 - 2013.02.05 Tue

以前ご紹介した「この時代、咲いてみようじゃないの」のかっこいいキャッチコピーにのった凛々しい八重さんのポスター → こちらをクリック

IMG_0663_20130205093456.jpg
これですね。
私は毎日拝みながら階段登ってます(笑)。


先月これに続き、新たにふたつのポスターが届きました。
今度は主要人物が勢ぞろいです。
八重の軍服姿と平時の姿バージョンのふたつ。
IMG_0661.jpg

IMG_0662.jpg

IMG_0664.jpg
「また咲こう、福島。」


IMG_0665.jpg
こちらはおそらくは会津木綿の着物を着たバージョン。

IMG_0666.jpg

IMG_0667.jpg
「福島は、咲きつづける。」

いよいよ、来週2月10日は第6話、苦悩の末、家臣の反対を押し切り、京都守護職を容保公が受ける決断を下す、重要な話ですね。
会津にとってなんの利益もない役目。
しかし、藩祖・保科正之公の「家訓」にあるように、将軍家のためならいかなる犠牲を払ってもやり遂げるという「会津の覚悟」。
おそらく序盤最大の名シーンになると予想します。
私は涙なしでは見れないかも(苦笑)。

みなさん、どうかお見逃しなく!

「番組情報」 ラジオ福島 2月6日16:35からです - 2013.02.04 Mon

先日の喜多方シティエフエムに続き、今度はラジオ福島さんから出演依頼の連絡をいただきました。

放送は、あさっての水曜日、2月6日の午後16:35からの5分間、「おいしい情報」というコーナーです。

今度は5分と短く、電話での取材なので「氷筍洞窟トレッキング」の情報紹介のみという内容になると思いますが、よかったら聴いてみてください。
ちなみにAMラジオ福島は
周波数  原町 801 郡山 1098 若松 1395 いわき 1431 福島 1458MHz

また、県外の方は、
ラジオ福島のHP内 こちらをクリック に、(パソコン スマートフォンでラジオ福島が聴ける「radiko.jp」)というアイコンがありますので、それをクリックして、さらにラジオ福島を選局すると、インターネット経由で番組をリアルタイムで視聴できます。

radiko.jpへダイレクトに行くには こちらをクリック






山都「寒晒しそば」 玄そば引き揚げ作業&試食会 - 2013.02.04 Mon

大寒の1月20日に一ノ戸川に浸した玄そば(こちらをクリック)の引き揚げ作業を、昨日2月3日行いました。

IMG_0582.jpg

IMG_0592.jpg

IMG_0575.jpg
これから20日間ほど、寒風に晒して仕上げることになります。今日はその晒しのデモンストレーション。

IMG_0562.jpg

IMG_0564.jpg
もうだいぶ「旨味成分」の不凍液が出てるのでしょうね~。

IMG_0595.jpg

IMG_0612.jpg

IMG_0624.jpg


IMG_0636.jpg
そしてそば伝承館に場所を移し、少し前に引揚げておいた今年の寒晒しそばの試食懇談会。

3月23,24日開催予定の山都寒晒しそばまつりのメニューのうちのふたつを試食しました。

IMG_0633.jpg
左が「さらしなそば」。右が「あらびき十割そば」。

IMG_0629.jpg
「さらしなそば」は、寒晒しそばの実の中心部分のいわゆる「一番粉」といわれる15%程度しか採れない粉だけを使って打った贅沢なそばです。
そば独特の香りは少ないですが、色が白く、透明感があり、甘みが強く、弾むような強いコシ、爽快なのどごしを楽しめます。
IMG_0635.jpg


IMG_0634.jpg
こちらが「あらびき十割そば」。
会津のそば品種「会津のかおり」を製粉する際、石臼をゆっくり回して、ていねいに製粉した一番粉、二番粉、三番粉で打ったそばです。
粗い粉と細かい粉が混ざっているため、味も良く食感も優れています。
高級そば店で供されるタイプのそばです。
IMG_0631.jpg

私はどちらかといえば「あらびき十割」派ですが、どちらも甲乙つけがたく、とっっっっ~~てもおいしかったです!(なんと、私はおいしすぎて6枚も食べてしまいました(笑))
そばまつり当日にはこのふたつに、さらに「田舎そば」もメニューに加わります。

ひとりでも多くのそばファンに、是非是非この山都寒晒しそばをご賞味いただきたいですね。

IMG_0625.jpg
このチラシはまだ初稿の段階ですが、もうすぐ正式に発表があると思います。
(前売りチケットは明日より販売予定)
正式発表になり次第、こちらのページでもアナウンスします。


第16回 会津山都寒晒しそばまつり 
     平成25年3月23日24日午前10時~午後2時  於:山都体育館


詳しくは
きたかた商工会山都地区センター内 「寒晒しそばまつり実行委員会」
TEL 0241-38-2254    FAX 0241-38-2293
までお問い合わせください。



H25年度 山都地区G.T.推進協議会 年間スケジュール - 2013.02.01 Fri

総会で今年度のイベント実施スケジュール案が承認されましたので、発表します。
日程、内容等は変更の可能性があります。
正式に募集開始発表されるまではあくまで「予定」ということでお願いいたします。

1月27日     アニマルトラッキング雪原ハイク (終了)

2月17日     氷筍洞窟トレッキング (終了)

4月21日     稲作体験その1(種蒔き)&そばぶち体験  (終了)

4月28日     「山笑う」飯豊山麓花紀行 (終了)

5月12日     山都の峠ウォーク(雙座松(そうざまつ)峠編)(終了)

5月18~19日   稲作体験その2(田植え)(終了)

6月2日     アスパラ収穫体験&クッキング教室(終了)

6月16日     稲作体験その3(草取り) (終了)

6月23日     「八重の桜」記念 新選組斉藤一の足跡を辿る in 喜多方市(終了)

7月7日      大滝トレッキング 夏!(終了)

8月10日      わんぱく子供川遊び!(終了)

9月15日      稲作体験その4(稲刈り)(終了)

10月6日     山都民話の地巡り(終了)

10月27日    大滝トレッキング 秋! (7月の大雨で林道が崩壊してしまったので中止)

11月10日    そばぶち体験&山都民話昔語り(終了)

11月24日    飯豊の幸「やまとのみそ」つくり体験(終了)

12月15日    「やまとのみそ」を活かした料理教室(終了)


各イベントは詳細決定次第このブログで募集要項等を発表いたします。
ご興味のあるイベントがありましたら、事前に左のメールフォームからご連絡いただければ、直接メールで詳細案内を送らせていただきます。
よろしくお願いいたします。   

平成24年度山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 通常総会 無事終了しました - 2013.02.01 Fri

昨夜、平成24年度の山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会の通常総会が、喜多方市山都総合支所内で行われました。
(なぜか当協議会は会計年度が1月~12月なのでした)

昨年度の山都G.T.は会員数が32名。
この日の出席者が15名、委任状が10名の計25名。よって過半数を得て総会は成立しました。
来賓の山都総合支所長、NPO喜多方市グリーン・ツーリズム・サポートセンター事務長様からご祝辞をたまわり、その後平成24年度事業報告ならびに決算報告、また先日行われた監査報告、平成25年度事業計画案、収支予算案等の報告・議案を説明させていただき、すべてが満場一致で承認され閉会しました。

CIMG0123.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (74)
G.T.イベント報告 (79)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (10)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR