topimage

2018-04

ふみだら - 2013.02.07 Thu

雪国ならではの民具に「ふみだら」というのがあります。
IMG_0537.jpg
今は会津でもほとんど使われなくなってしまったようですが、おとなりのおばあちゃんが使っているのを見て、私もひとつ欲しいなあと思ってたら、当グリーンツー協議会の会長が「ウチに使ってないのあるからひとつあげるよ」、と。
とてもうれしかったです(笑)。

IMG_0544.jpg
漢字で書くと「踏俵」だそうなので、おそらく「ふみだわら」が変化して「ふみだら」となったと思いますが、俵に似ているせいなのか、実際に米俵を使っていたからなのかでこの名がついてるのでしょうかね。
こうやって踏みながら道をつくる道具です。雪を「どかす」というより「踏み固める」んですね。

IMG_0541.jpg
かつては遠く離れた学校へ登校する子供たちのために集落の大人が朝早くからふみだらで道をつくったり、逆に学校から戻った子供たちが家の周りを踏み固めてお菓子とかご褒美をもらっていたんだと聞きました。

もちろん今は機械による除雪が主で、そのほうが効率的なので、ふみだらが使われなくなったのは当然でしょう。
でも、なんか失われたくない雪国の大切な民俗文化のひとつだと思ったりします。

極寒のアラスカ、灼熱のアタカマ砂漠、ネパールヒマラヤなど辺境の地を旅してきて私が感じたのは、取り巻く環境が苛酷であればあるほど、そこに住んでいる人々はほんとうに他人に優しいということ。

会津の人もその例外ではなく、ほんとみなさんによくしていただいています。
共同体としての相互扶助。
そんな精神がふみだらはじめ、いろんな会津の民具、その背景にある文化にしみこんでいる気がするんですね。

私はそんなことを考えながら譲り受けた「ふみだら」で道を踏み固めるのでした(笑)。
昨年の注連縄もそうですが、ふみだらの作り方も今度学びたいなと思ってます。

IMG_0547.jpg

IMG_0548.jpg

IMG_0552.jpg


関連記事

ヒレンジャク保護 «  | BLOG TOP |  » アニマルトラッキング番外編~この足跡は?

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR