topimage

2018-06

氷筍洞窟トレッキング 終了しました! - 2013.02.18 Mon

昨日2月17日、遠くは新潟、千葉からの参加者を迎え、総勢47名で、氷筍洞窟トレッキングが行われました。
先月のアニマルトラッキングイベントほどではないにしろ、今回も前日は結構降りましたが、当日はいい天気になりました。

CIMG0220.jpg

DSC_0334.jpg

IMG_0916.jpg
登り口で準備体操。

IMG_0918.jpg
今回は、10人単位で5つの班に分け、まずは第1陣、1~3班の方々で記念撮影。

DSC_0337.jpg

IMG_0924.jpg
1班から順番に登山開始。4日前に下見でつけたトレースは、昨日の雪でかき消され、最初のほうの班のスタッフはラッセルを強いられることに。

IMG_0925.jpg

IMG_0928.jpg

DSC_0339.jpg
私は5班の引率担当だったので、1~3班を見送り、第2陣の4,5班を待ちましたが、なかなか来ず。

それもそのはず、迎えにいったはずの車が凍結している下りでスリップして立ち往生してしまって。。。
4班はだいぶ手前から歩いて来ていただきましたが、電話が圏外でいいでのゆと連絡取れず、私は歩いて戻ったので時間がかかり、5班の方々には多大なご迷惑をかけることになってしまいました。

DSC_0335.jpg

DSC_0346.jpg

DSC_0341.jpg

DSC_0352.jpg

DSC_0344.jpg

DSC_0358_20130218101534.jpg
1~3班、後ろから合流した4班は深い雪で予定より遅れたものの、無事洞窟到着。

IMG_1783.jpg
1班のみなさん。

IMG_1784.jpg
2班のみなさん。

IMG_1785.jpg
3班のみなさん。

IMG_1787.jpg
4班のみなさん。

IMG_0966.jpg

CIMG0223.jpg
洞窟観察を終えた主力部隊は、峠に登り返して昼食タイム。

CIMG0225.jpg

IMG_0931.jpg
その頃、我々第5班はようやく登りはじめていました。。。。

IMG_0933.jpg
ちょっと雪がつもってわかりづらいかもしれませんが、稜線に雪の重みのせいかひん曲がって立っている巨木。
このへんでは「オンノレカンバ」と言うそうですが、正式には「オノオレカンバ」という木です。
オノオレつまり(斧折れ)というくらい硬い木で、昔は馬のソリとか木琴とかそろばんの玉とかに使われたそうです。
硬い、つまり成長がメチャクチャ遅い木で、今ではめったに見れない珍しい木ですが、ここ山都の山奥では黒森山とか他にも結構見れる場所があります。

IMG_0935.jpg
こちらのブナの木には、結構新しいツキノワグマの爪の痕が。
これもアニマルトラッキングのひとつです。

IMG_0934.jpg

IMG_0948.jpg
そして峠で1~4班とすれ違って、我々もようやく氷筍洞窟へ。

IMG_0953.jpg
いろいろありすぎてテンテコ舞いの1日でしたが、3人だけの、静寂が支配する洞窟の空気のご褒美いただきました。

IMG_0955.jpg

IMG_0961.jpg
写真中央奥の茶色く色が変わっているところわかりますか?
これ、コウモリの糞の山です(笑)。
氷筍は条件整えば、糞の上にもニョキニョキはえることがあるそうです。

IMG_0962.jpg
ヒカリゴケは目視では確認できましたが、写真に撮るには遠すぎて×。これはフジシダです。

IMG_0964.jpg
一億年以上前の地層。
もう私のイメージできる時空を逸脱してますね(苦笑)。

IMG_0967.jpg
氷筍はどこまでも清く、どこまでも透明で。

IMG_0940.jpg

IMG_0942.jpg
下山はお尻で滑っていくのを楽しんでいる方が多かったとのこと。

IMG_0944.jpg

DSC_0391.jpg

CIMG0243.jpg

5班の方々には本当に申し訳ない思いでいっぱいですが、怪我人もなく笑顔の1~4班の方々の満足された姿が救いでした。
来年は登り口までのアプローチの仕方をしっかり整備したいと思います。

参加者のみなさん、ラッセル等がんばってくれたスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!
関連記事

氷筍洞窟トレッキング 追記 «  | BLOG TOP |  » 第16回 福寿草まつり

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (80)
G.T.イベント報告 (84)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (192)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (9)
飯豊山 (0)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR