topimage

2017-09

磐梯神社の舟引き祭りと巫女舞 - 2013.03.22 Fri

3月20日、福島県の重要無形民俗文化財に指定されている磐梯神社の舟引き祭りと巫女舞に行ってきました。

IMG_1618.jpg
磐梯神社はその名が示すとおり、磐梯山を神の山として磐梯明神を祀る神社で、もともとは慧日寺の守護神として慧日寺創建とともに境内に祀られていたそうですが、明治の神仏分離によって、現在の郷社として独立社格をもつ形になりました。

IMG_1630.jpg

IMG_1633.jpg
磐梯神社の巫女舞は伝来の由来などについては不明な点が多いようですが、少なくとも県内に類似する舞はなく、慧日寺1200年の歴史の中で絶えることなく受け継がれてきた事実を考えるととても重要な会津の伝統行事だと言えますよね。
「榊の舞」「弓の舞」「太刀の舞」の3つからなり、それぞれ4人一組となって舞を奉納します。

IMG_1639.jpg
「榊の舞」



IMG_1649.jpg
「弓の舞」



IMG_1651.jpg

IMG_1664.jpg
最後に「太刀の舞」



IMG_1665.jpg

IMG_1692.jpg

IMG_1680.jpg
磐梯町そば愛好会の方々による磐梯そばのサービスがありました。

IMG_1707.jpg

IMG_1705.jpg
私も一杯ごちそうになり、あったまりました。

IMG_1744.jpg
その後、磐梯明神太鼓の演奏。
平成2年に創作された新しい郷土芸能だそうですが、だからなのか子供たちの珍しい動きやリズムが面白かったです。



IMG_1747.jpg

IMG_1756.jpg

IMG_1713.jpg
そして、いよいよ「舟引き祭り」がはじまります。一般参加可。
参加者に貸し出し用の衣装とわらじ。

IMG_1723.jpg

IMG_1727.jpg
「飯舟(いいふね)」と呼ばれる木舟に米俵を3俵のせ、氏子が東西に分かれて両端の綱を引き合います。
「舟引き祭り」はもともとは慧日寺で国家安全、稔穀成熟を祈願する「御国まつり」という行事で行われていたそうで、明治の神仏分離以後慧日寺から磐梯神社へ引き継がれたとのことです。

IMG_1764.jpg
くじ引きで、東西のメンバーを決めます。

IMG_1767.jpg
で、御神酒で清めていよいよ。。。

IMG_1770.jpg
3回勝負でその年の作柄を占う神事で、
東の勝利→豊作
西の勝利→米価が上がる
と言われています。

IMG_1777_20130321211737.jpg

IMG_1779.jpg





IMG_1780.jpg
今年は。。。東の勝利でした!

IMG_1786.jpg
この祭りの珍しいところは、面をつけて幣束を持った神職が勝敗の判定を行うところですね。
磐梯明神がその場に姿をあらわして判定するのです。

IMG_1787_20130321211812.jpg

IMG_1789.jpg
最後は「紅白まんじゅう」をいただいて帰路につきました。
占いどおり「豊作」になるといいですね~。
IMG_1793.jpg

IMG_1798.jpg



関連記事

会津にも春がもうすぐそこまで来ています。 «  | BLOG TOP |  » 稲作体験その1種蒔き & 山都そばぶち体験 参加者募集

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (75)
G.T.イベント報告 (80)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (10)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR