topimage

2018-04

三津谷の登り窯の火入れを見てきました - 2013.03.26 Tue

私のウチから車で10分くらいのところに喜多方市指定有形民俗文化財で、さらに経産省の「近代化産業遺産」にも認定されている歴史ある立派な登り窯があります。

「三津谷の登り窯」

明治23年、新潟・亀田出身の樋口市郎氏は、この地の良質な粘土と燃料となる豊富な松に注目して移住し、7段式の登り窯を築造しました。
その後、2代目喜市氏のときに現在のような十連式になったそうです。
喜多方では明治10年代に大火があり、防火性に優れた瓦屋根や蔵の需要が高まり、市郎氏は高い防火性、防湿性を考え、煉瓦に益子焼の釉薬の使用を考案しました。

煉瓦の製造は明治から大正にかけてがピークで、昭和に入ると電気焼成の大規模瓦工場が生まれ、さらに輸送網も整備され安価な瓦が出回りだし、三津谷の登り窯は衰退の一途をたどり、昭和45年に閉窯となったそうです。

しかし、昭和57年に市の文化財指定を受け、再び開窯しました。

さらに平成19年に近代化産業遺産に認定されるにあたり、登り窯で実際に煉瓦を焼成し、その技術やノウハウを習得・記録して次代に伝えることを目的として平成20年から「再生プロジェクト」の活動が開始されました。

今回3月22日~24日まで煉瓦をつくる火入れを行うとお誘いいただいたので、見学に行ってきました。

IMG_1801.jpg

IMG_1839.jpg
初日だったので、まだ1番目と2番目のみにくべて、温度を上げている状態でした。

IMG_1820.jpg

IMG_1821.jpg

IMG_1816.jpg
それでもこの時点で800℃以上。かなり高温になっていました。
最終的には1200℃くらいまで持っていくとのこと。

IMG_1827.jpg
穴から見ると炎が昇っていってるのがわかります。

IMG_1830.jpg

IMG_1843.jpg

IMG_1844.jpg

IMG_1849.jpg
私も少し、くべるのを体験させていただきました。
長いのを奥へ。短いのは手前に放り込んでいきます。

IMG_1854.jpg
火の様子をみながら三日三晩ひたすらに。
根気のいる作業です。

「遺産」という名がついてますが、いまだ現役。
担当の方は「採算とれるならフル稼働させられるのに」、とおっしゃってました。

窯もそうですが、再生プロジェクトの目的にあるように、「ノウハウ」こそが最大の文化遺産。
なんとか存続していってほしいものです。

IMG_1860.jpg


火入れは24日夕刻に終了。
一週間おいて煉瓦を取り出すのは30日朝からだそうです。

都合つけばそのときまた行ってみようと思ってます。
関連記事

4月28日 「山笑う」飯豊山麓花紀行 参加者募集 «  | BLOG TOP |  » 会津にも春がもうすぐそこまで来ています。

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR