topimage

2018-04

会津の桜 その3~化け桜、細越の種まき桜~ - 2013.04.04 Thu

シリーズ3回目、今日は西会津と柳津の桜です。


まずは私の中では横綱クラスの巨木、
「化け桜」
所在地:福島耶麻郡西会津町野沢字原町
(撮影日:2011年5月2日)

木の空洞に白狐が住んでいたという言い伝えからそう呼ばれていますが、ほとんどの本には「下條の普賢象桜」という名で紹介されてます。

しかし八重桜の仲間の「普賢象」とはあきらかに違うし、看板にも「エドヒガン」と書かれています。

だから私は伝説も含めて「化け桜」のほうがしっくりきますね。
それくらい不思議な空気をまとった桜です。

伝承では樹齢500年以上。近くを越後街道が通っていて、旅人の目印にもなっていたようです。

174228_1113536627_21large.jpg

174228_1113536552_24large.jpg
この空洞に白狐が住んでいたといわれると思わず納得してしまうような、そんな雰囲気です。
桜の老木は幹がごつごつして、なんだか樹木というより、それ自体が違う「生物」のような気がしちゃいますね。

174228_1113536625_225large.jpg

174228_1113536614_136large.jpg

174228_1113536592_124large.jpg

174228_1113536587_253large.jpg
私の好きな宮沢賢治の童話に「月夜のでんしんばしら」というのがあるのですが、その物語の中ででんしんばんしらが歩きだすシーンがあって、賢治がこの桜みたら絶対歩かせていただろうな~、なんて想像します(笑)。

174228_1113536543_28large.jpg




そして柳津町、小さな集落のお墓にある
「細越の種まき桜」
所在地:福島県河沼郡柳津町細八字細越
(撮影日:2011年5月2日)

樹齢400年以上のエドヒガン。

新編会津風土記(文化6年=1809年編集)に、天正年間(1573~1592)にここの領主だった猪俣氏の墓に植えられた古木、とあります。
たしかにこの桜の周りにはとても古く字をよむことすらできないお墓もあります。
174228_1113536535_23large.jpg

174228_1113536532_97large.jpg

174228_1113536519_104large.jpg

174228_1113536631_165large.jpg
やはり幹はごつごつとしていて、主幹は朽ちてしまっていても生えてきてる若木がしっかり花を咲かせています。

桜編、まだまだ続きます~。

関連記事

「SLばんえつ物語」号 新車両試乗会 «  | BLOG TOP |  » 会津の桜 その2~会津若松市の桜~

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR