topimage

2018-06

お城好きな私にとってたまらない「お宝」をいただきました。 - 2013.04.16 Tue

おとといの「八重の桜」ごらんになりましたか?
悲劇の会津戦争へ、風雲急を告げ、毎週目が離せない展開ですよね~。
龍馬がちょろっと登場したの、わかりました?(後ろ姿だけでしたが、家紋がばっちり)
来週はいよいよ待ちに待った中野竹子女史の登場ですね!(八重さんの影がさらに薄くなりそうですけど(苦笑)。)

と、話は変わって(少し関連)、昨日、5月開催予定の今年度一回目の会津発見塾の下見に行ってきました。
新潟は今桜満開。やっぱり会津より暖かいですね。

いくつかまわったのですが、メインは阿賀野市保田にある「安田瓦産業協業組合」さん。
IMG_2298.jpg
鶴ヶ城は会津戦争ののち、1874年(明治7年)にいったん全て解体されたのですが、1965年(昭和40年)に再建されました。
そのときは黒瓦で再建されたものの、その後江戸時代には赤瓦で葺かれていたことがわかり、震災直前の2011年に「赤」に葺き替えられました。
表面に釉薬を施して焼いた赤瓦は強く、会津の冬の厳しい寒さ、凍結にも耐えることができたようで、鶴ヶ城の大きな特徴のひとつとも言えますね(現在、赤瓦の城は日本で唯一)。
その2年前に鶴ヶ城の瓦を葺き替えたとき使用されたのがこの「安田瓦」なのです。

代表理事の星野さんから、そのときの赤瓦の製作、納入にまつわる苦労話、秘話など、とても興味深い話を伺いました。

IMG_2294.jpg

IMG_2296.jpg
一枚一枚の瓦すべてに製作年が刻まれています。

IMG_2295.jpg

IMG_2287.jpg
お話を伺っている間もとなりに置かれていた赤瓦の現物が気になっていて(苦笑)、帰り際に写真に撮らせていただこうと申し出たら、なんと!

「よかったらお持ちください」、と(笑)。

「え~っ!!い、いいんですか?」(私)

IMG_2285.jpg
3つの形の瓦でワンセットなのですが、全部をいただいて帰ってきました。大きさも大きさですが、すごい重量感です。

実際に今、鶴ヶ城に葺かれている本物の赤瓦。
手に入れたくたって入れられるものでありません。

今後はこれを飾った部屋で、幕末の会津の人々を偲びながら、毎週、厳かな気持ちで「八重の桜」を鑑賞したいと思います(笑)。

関連記事

鏡桜最新情報 «  | BLOG TOP |  » 会津の桜 その6最終回~鏡桜~

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (80)
G.T.イベント報告 (84)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (192)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (9)
飯豊山 (0)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR