topimage

2017-07

「紙マルチ」を使った稲作法 - 2013.06.05 Wed

山都G.T.の会員のひとりである山都町河原田地区の斉藤さんは、「紙マルチ」というロールを使っての方法で稲作を営んでおられます。
斉藤さんのブログは→こちらをクリック

私は「紙マルチ」に昨年からずっと興味あったので、先週田んぼに案内していただきました。



専用の田植え機で稲作用の再生紙「紙マルチ」を水田に敷きながら田植えをすることによって、除草剤の散布や雑草除去の必要がなくなるという方法です。
「紙マルチ」について、詳しくは→こちらをクリック

IMG_4413.jpg

太陽の光を紙が遮断、また、雑草が芽を出したとしても紙を破って成長できないようになっています。
しかも紙マルチは45日ほどで微生物に分解されて、稲刈りのころにはすっかりなくなっているというスグレモノです。

実際は、コスト面、そして、きれいにシートを張るために田植え機の操作にテクニックがいること、初期の水管理が面倒(水たっぷりだと水中で紙が動いて苗を痛めてしまう。また水が少なすぎると逆に風でマルチが飛んでしまうなど)なことなど、問題も大きいようですが、薬を使わなくていいなど、魅力的な方法のひとつですね。

IMG_4416.jpg

IMG_4417.jpg

IMG_4418.jpg

IMG_4421.jpg

IMG_4423.jpg

IMG_4424.jpg

IMG_4426.jpg
斉藤さんの田んぼはこれからも様子をみさせてもらおうと思います。

そして・・・私たちの体験田んぼはその後・・・
IMG_4427.jpg
5月30日。

IMG_4430.jpg
5月30日。

IMG_4701.jpg
6月4日。

IMG_4700.jpg
6月4日。

田植え当日、水位が高すぎてよく見えずうまく植えられなかった手前のほうは仕方ないとして、奥はジョウバン使ったおかげで整然として機械植えと遜色ないと思いませんか?(笑)
関連記事

藤田五郎(斉藤一)の墓 «  | BLOG TOP |  » 平成25年 飯豊山登山 アクセスバスの運行について

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (74)
G.T.イベント報告 (78)
G.T.イベント関連 (78)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (9)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR