topimage

2018-04

戦の記憶を持つ柿の木~慶徳~ - 2013.06.11 Tue

23日の斉藤一イベントの際も立ち寄る予定の喜多方市慶徳地区に、ほとんど知られていない戊辰の役の爪痕を今に伝える場所があります。

慶徳は山都に続く越後裏街道の喜多方側の入り口にあたる場所で、当時旅籠もあって準宿駅のような所でした。

1868年9月、退却する会津軍と追撃する西軍が慶徳で遭遇戦となりました。

IMG_3348.jpg
この柿の木のある佐藤家に会津軍が逃げ込んだと思った西軍は家に火をかけたそうです。

IMG_3352.jpg

IMG_3349.jpg
そのとき、この柿の木も幹半分類焼したとのことで、その爪痕が今もみてとれます。
(柿の木は枯死せず、今もけなげに生きてます!)

IMG_3350.jpg

IMG_3354.jpg

IMG_3358.jpg

IMG_3359.jpg
幹の中心は焼け焦げていて、こんな状態でよく今も生きて。。。とちょっと感動。
ほんとついこの間焼けたような爪痕で、戊辰の役がそんな大昔ではなく、たかだか145年前の出来事なんだと思い知らされます。

IMG_3360.jpg

実はこの場所には興味深いエピソードが残っていて、それはこの家には当時、とても気の強い山本八重顔負けの老婆がいて、その老婆が火をかけた西軍の隊長にすごい剣幕で「なんてことすんだ!弁償しろ!」と迫ったそうです。

その迫力に西軍の隊長もタジタジで、「間違って家を焼いてしまってすまない。そのうちもっといい家を建ててやるから勘弁しろ」と言って立ち去ったとか。

もちろん、その後約束は守られませんでしたが、焼かれた家は1年年貢を免除、再建のための用材は無償払下げ、さらには見舞金まで支払われたそうです。

会津の女性強し!のエピソードのひとつですね~。
関連記事

7/7 大滝トレッキング 夏!  参加者募集 «  | BLOG TOP |  » 藤田五郎(斉藤一)の墓

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR