topimage

2017-09

「第59回 飯豊の集い」 無事登頂してきました - 2013.07.16 Tue

7月13~15日の3日間で、毎年恒例の「飯豊の集い」が開催され、私はスタッフの一員として参加してきました。

まずは「山開き」の式典。昨年の模様は→こちらをクリック

DSCF0656.jpg

DSCF0658.jpg

飯豊の集い
今回の参加者全員で出発前記念撮影。

P7130012.jpg
ここ御沢登山口ルートが飯豊山表参道、いにしえの信仰登山正式ルートなのです。

P7130015.jpg
初日からあいにくの天気となりましたが、そのぶん涼しくて熱中症のリスクはぐぐっと減りました。

P7130017.jpg

P7130025.jpg

P7130026.jpg
三国小屋を過ぎたあたりからヒメサユリがちらほらと。
しかし、今年は昨年よりさらに雪が多かったせいか、全体的に花期は遅れている感じでした。

P7130028.jpg

P7130029.jpg

P7130031.jpg
ハクサンチドリ。

P7140077.jpg
チシマギキョウ。

P7130033.jpg
私は4つに分けられた班には属さず、遅れ出した人のサポートとして最後尾にいたのですが、途中から厳しくなって急造最終班となった4人の参加者も粘ってくれ、この日は全員無事切合小屋へ到着しました。

雨はますます強くなり、夜中は暴風雨で、風と雨音のすごさに寝れない方も多かったようです。
私はそんな中でも爆睡してしまい、起きたら雨漏りの水でずぶぬれでしたが(苦笑)。

P7140042.jpg
二日目。
前日のリーダーミーティングで今回は山頂を目指すのは基本的に中止し切合小屋に停滞、どうしても行きたいという人いれば、途中撤退もありうるという条件付きで登る、ということに決まりました。
参加者の約半数の方が登ることを希望され、4つの班を2班にまとめることになり、私は全体サポートでなく2班3班合同班のサブリーダーとして登ることに。

雨は弱まったものの、風は依然強く、上部はさらに吹き荒れていることが予想されました。

P7140049.jpg
切合小屋を出ると、草履塚までびっしりと雪渓。昨年の写真を見てもあきらかに今年のほうが雪が多いですね。

P7140050.jpg
なんの写真かわからないかもしれませんが(苦笑)、ここが草履塚。
ここから先がいわゆる「聖域」で、かつての信仰登山者はここで下界からの草履を脱ぎ捨て、素足で登ったとも、新品に履き替えて登ったとも言われています。
で、なんの写真かというと、草履塚標識脇のこのあたりの草花は異様に成長がいい、つまりかつて脱ぎ捨てて山となった草履の塚のわらが栄養となっている、という事実を撮ってみたのでした(笑)。

P7140055.jpg
姥権現。
その昔、飯豊山が女人禁制の山だった頃、中通りから3人の姉妹が飯豊山に登りに向かってきましたが、まず一番下の妹が猪苗代の関都で倒れ、山都の相川で二番目の妹も倒れ、最後まで頑張った一番上のお姉さんもここ姥ノ前の辺りで力尽き、女人禁制の禁を破ったため石仏になってしまったという伝説があります。
関都と相川と姥の前の御婆様を会津の三御婆様といい、安産の神様とされています。

P7140061.jpg

P7140064.jpg
二日目の難所、「御秘所」(おひしょ、おひそ)が見えてきました。雨はほとんど止んでいて、強風のため時たまガスが晴れることがありました。

P7140070.jpg
御秘所通過中~。

P7140072.jpg

P7140074.jpg

P7140076.jpg
ヨツバシオガマ。

P7140078.jpg
飯豊のエーデルワイス、ヒメウスユキソウ。

P7140081.jpg
コバイケイソウ。

P7140082.jpg
本山小屋到着。飯豊山山頂はもうすぐです。

P7140083.jpg

P7140088.jpg
山頂直下のヒメサユリは赤が濃く、とてもきれいでした。さらに私の心をわしづかみにしたのは。。。↓

P7140094.jpg
雨に濡れて透きとおったヒメサユリの美しさ。
雨の日には雨の日の楽しみ方がありますね。

P7140102.jpg
切合小屋から登り始めて2時間半、無事みなさん飯豊本山の頂上に立ちました。

P7140104.jpg
今回ずっと一緒だった消防署の若手お二人も満面の笑み。

P7140108.jpg
戻って本山小屋で早い昼食をとり、飯豊山神社へ参拝。

P7140110.jpg
そして下山。

P7140112.jpg

P7140120.jpg
やっぱり御秘所が絵になりますね。

P7140124.jpg

P7140125.jpg
御秘所通過中~。

P7140127.jpg

P7140133.jpg

P7140134.jpg

P7140137.jpg

P7140141.jpg

P7140146.jpg

P7140149.jpg

P7140150.jpg

P7140158.jpg

P7140160.jpg

P7140166.jpg

P7140172.jpg

P7140175.jpg
最後は草履塚から雪渓を下って切合小屋へ。

P7140177.jpg

P7140184.jpg

P7140190.jpg
下り終わって見上げるとこんな感じ。

P7140191.jpg
で、午後からは懇親会。

P7140207.jpg
外は雨。狭い小屋の中で主に班ごとになって語り合いました。

P7150208.jpg
3日目。
いよいよ下山です。
あいかわらずの雨。
今回は毎日、ずっと雨でした(苦笑)。

P7150211.jpg

P7150212.jpg
剣ケ峰は雨で滑りやすくなっていたので、みなさん慎重に慎重に。

P7150214.jpg
昼過ぎに御沢登山口に最後尾の私が到着。全員無事下山しました。
いいでのゆに移動して、みなさん温泉で汗を流し、山都のソバで打ち上げ会を。

あいにくの天候でしたが、雨にけぶる飯豊山もそれはそれで美しく、みなさん怪我なく無事帰ってこれてほんとよかったです。


来年はいよいよ60回の記念の年。
もしかしたら大物登山家の参加もあり????(笑)
実行委員会のほうでこれからいろいろ考えていくとのことですので、皆さん、来年の「飯豊の集い」に注目、そしてよかったらぜひご参加ください。
関連記事

"戊辰戦争白河口の戦い"ゆかりの地を巡る «  | BLOG TOP |  » 喜多方・夢・アートプロジェクト 「森ものがたり」

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (75)
G.T.イベント報告 (80)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (10)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR