topimage

2018-04

川俣町 中南米音楽祭「コスキン・エン・ハポン2013」に行ってきました。  - 2013.10.15 Tue

福島市のおとなりの伊達郡川俣町で毎年行われている国内最大のフォルクローレ・フェスティバル「コスキン・エン・ハポン」に行ってきました。

その存在を私が知ったのは昨年ですが、なんと1975年からはじまって今年で39回目という歴史のあるイベントで、今年は10月12日~14日の3日間に渡って178ものプロ・アマ団体が演奏を披露してくれました。
実は私は昔、2年ほど南米で暮らしていたことがあって、その頃触れていた音、言葉を含めた南米の「空気」を久しぶりに感じたくて今回行ってみたのでした。

今年のプログラム、リンク先こちらをクリックをみていただくとまず驚くのが、開催時間の長さ~(笑)。なんと初日と二日目は日付が変わるまで行われてます。これもラテンアメリカらしいですね(笑)。
私は2日目の午後から行ってきました。

IMG_2999.jpg
会場の川俣町中央公民館に着くと、懐かしさの漂うメロディーがそこここで奏でられていて、もうすでに南米チック(笑)。

IMG_3001.jpg
それもそのはず、参加チームが多いので、控室など無いのでしょう、みんな思い思いの場所でリハーサルやっていて、外で座ってそれらをBGMにエンパナーダぱくついているだけで、もう私は満たされそうでした(苦笑)。

IMG_3013.jpg

IMG_3002.jpg

IMG_3000.jpg

IMG_3017.jpg
私が暮らしていたベネズエラのエンパナーダはこれとはちょっと違うのですが、長く旅したボリビアで、お金なくてこればっか食べてたジャガイモとひき肉のがこれとまったく同じ味(笑)。懐かしすぎて泣きそうになりました(苦笑)。

IMG_3012.jpg

IMG_3009.jpg
チョリソーもピリ辛サルサといい、懐かしくてとってもおいしかったです。

IMG_3010.jpg

IMG_3011.jpg

IMG_3006.jpg
ロビーではこれまた懐かしいアッチの品々が売られていました。サンポーニャをちょっと吹かせてもらいました。

IMG_3020_20131015000338793.jpg

演奏はそれぞれのチームが10分間の中でだいたい2曲を披露、踊りあり、歌あり、ケーナ、サンポーニャ、チャランゴ、バンドネオンあり。
全く退屈することなく、あっという間に4時間近く過ぎていきました。


IMG_3030.jpg



IMG_3026_20131015000339406.jpg



IMG_3035.jpg

IMG_3038.jpg



IMG_3040_20131015000402eba.jpg

IMG_3041.jpg



IMG_3049.jpg

IMG_3054.jpg
実は私のとなりの席でははおそらく地元川俣町の方であろう70代くらいのご婦人が一人で鑑賞されていて、手拍子したり、声を上げたりして楽しんでおられました。もうすっかりここにラテンの文化が根付いている証拠ですね。素晴らしいです!

IMG_3056.jpg
このイベントの名の由来となったコスキンとはアルゼンチン北西部の街の名前だそうで、そこでは毎年1月下旬、約10日間にわたって、中南米の国民音楽祭が行われるそうです。
ちょうど私がいた時間にアルゼンチンのコスキンフェスティバルに出場する日本代表を選ぶ審査会が開かれていて、4人の候補者が演奏を披露しました。


IMG_3058.jpg
来年の代表にはこの「Duo Floracion」という2人組のグループが選ばれました。

IMG_3059_20131015000434068.jpg
審査中に演奏を披露してくれたゲスト出演の「WAYNO」。
もうほんと素晴らしいの一言でした。CDが出てるならちょっと探してみようかなと思いました。

IMG_3060_20131015000435c6c.jpg
日本代表選考結果発表。




今回、当初久しぶりにラテンの「風」にちょっと当たりたいな、と軽い気持ちで行ってみたのですが、なんだかんだで4時間以上、会場でフォルクローレの音色に聞き入ってる自分がいました。時間が許せば翌日も聴きたかったくらいです。

山都町より3倍以上とはいえ人口1万5千人程度の川俣町は、小さな田舎町。
その川俣町でこれほど大規模な、そしてクオリティの高いイベントが開催されているのは驚きだったし、元気もいっぱいもらい、すごく勉強になりました。
プロの参加もあり、個人的には5000円くらい払ってもおかしくはないイベントでした。(実際は完全無料!)
来年は3日間川俣町に滞在し、最初から最後までたっぷり堪能したいと思ってます(笑)。

そして、ぜひ一人でも多くの方々に川俣町へ行ってあの「熱」を感じてもらえたらいいな、なんて思います。

コスキン・エン・ハポンの公式ホームページ→こちらをクリック
川俣町のホームページ→こちらをクリック
関連記事

過疎地域自立活性化優良事例表彰式 in ながさき «  | BLOG TOP |  » そばぶち体験&山都民話昔語り 参加者募集!

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR