topimage

2017-11

「やまとのみそ」を使った料理教室 無事終了しました! - 2013.12.17 Tue

おととい12月15日に山都G.T.今年最後のイベント、「やまとのみそを使った料理教室」を行いました。
折からの大雪、私もこのひとつ前の記事に書いた雪・倒木等でウチから脱出するのに苦労しましたが、なんとか山都へ。
しかし、今回の参加者の大半を占めていた大熊町から避難している方々はいまだ会津の雪に慣れていなく、さすがに山都まで来るのは大変ということで、大量キャンセルとなってしまいました(苦笑)。

IMG_4545_20131215233122eeb.jpg
今回も料理教室の講師はアスパラ料理教室のときにお世話になった地元喜多方市の料理研究家、山口良一さん。

山口先生は会津若松ワシントンホテルやレストランなどでの26年間の調理師としての経験を活かし、現在は自宅での料理教室をはじめ、リオンドールカルチャーセンターや各公民館の教室で、レストランの料理を家庭でも作れるように美味しくヘルシーにアレンジして教えてらっしゃいます。
また、スチームケース「ルクエ」を使ったレシピの研究・開発を手がけ、レシピブックの出版もされたり、テレビショッピングに出演されたりと各方面でご活躍中です。

Cooking Salon “Aizu”主宰、美味しいヘルシー家庭料理研究家、食育インストラクター

山口先生のHPは→こちらをクリック
ブログは→こちらをクリック
先生の参加されてる「「ルクエ」でカレー研究会」のHPは→こちらをクリック

IMG_4546.jpg
そして、今回のテーマはまず先月のイベントで作り方を学んだ「やまとのみそ」。

IMG_4618.jpg
それと山都ブランドのそば。
そば資料館の方々に直前に打ってゆでてもらったばかりのを持ってきてもらいました。このまま食べたいくらい(笑)。

この「みそ」と「そば」が合体するとどんな料理に?

IMG_4551.jpg

まず
◎手作り(洋風)ほうとう(2人前)
材料
強力粉  130g
ぬるま湯 80cc
塩    小さじ1/2強
白菜   1/8株
大根   10㎝くらい
人参   1/2本
舞茸   1パック
豚ばら肉薄切り 100g
やまとのみそ  適量
バター  適量

その他 里いも、ごぼう、ほうれん草、もやし、長ネギなども相性◎

IMG_4553_20131215233135dde.jpg

IMG_4562_201312152331363df.jpg
フードプロセッサーに強力粉、ぬるま湯、塩をいれて、混ぜます。

IMG_4564.jpg
餅のような手触りになるまでよくこねて、ビニールに入れて少しねかせます。

IMG_4591.jpg
野菜類を切り、ナベに入れて煮込み、

あとから豚肉とマイタケを。

IMG_4635_2013121523330704b.jpg

IMG_4651.jpg
ねかせていた生地を両手でのばしてくわえます。

IMG_4654.jpg

IMG_4661_2013121523334433e.jpg

IMG_4664.jpg

IMG_4668.jpg
生地に火が通ったら弱火にしてミソを溶かして完成。
もちろん沸騰は禁物です。

IMG_4679.jpg
器によそってからお好みでバターを。これがまたコクが出てとてもよかったです。
みそバターほうとうの出来上がり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◎そばサラダ(二人前)
材料
生そば 200g
小松菜 
春菊
白菜
トマト
パプリカ 
フレンチドレッシング + みそ 適量
切り海苔 適量
白ごま 適量

IMG_4573_201312152331380a2.jpg
昨年もご紹介しましたが、特製フレンチドレッシングの作り方
お酢 90ml
油  270ml
たまねぎ 1/2個

こしょう

IMG_4575.jpg
これらをフードプロセッサーへかけてから瓶に。
冷蔵庫に入れておけば1ヶ月以上はもちます。
ちなみにこれにしょうゆを足せば和風ドレッシング、トマトケチャップを足せばアメリカ風。
今回は。。。みそをくわえました。

IMG_4583.jpg

IMG_4586.jpg
パプリカはこうやって焦げるくらいあぶってやると、皮もとりやすく、甘みが増すとか。

IMG_4587.jpg

IMG_4616_20131215233244aa5.jpg

IMG_4621.jpg

IMG_4673.jpg
そばサラダできあがり!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎葱味噌そば田楽(二人前)
材料
生そば  70g
長ネギ  1/4本
みそ   100g
てんさい糖 50g
みりん  大さじ2
七味唐辛子 適量

IMG_4596.jpg
おなじみ「山都みそ」に、

IMG_4598_20131215233222e5b.jpg
てんさい糖をくわえます。
北海道だけで栽培されている「てん菜」というほうれんそうの仲間からとれる砂糖です。
オリゴ糖がリッチで、腸内のビフィズス菌の栄養源となるので特に女性にはオススメですね。

IMG_4604.jpg
この茶色は天然のもので、なめてみましたが甘さがまろやかな感じがしました。

IMG_4599.jpg
さらにみりんをくわえ、弱火にかけ、好みのかたさになるまで木べら等で練ります。

IMG_4600_20131215233224d4f.jpg
最後のほうで長ネギをくわえます。
ねぎを入れるのが早すぎると、風味がとんでしまうので要注意です。

IMG_4603.jpg

IMG_4624.jpg
生そばから生地をつくります。
市販のゆでそばを使う場合、袋の端を少し切って空気が出るようにして、袋の上から揉むとやりやすいとのこと。

IMG_4627_20131215233304931.jpg
あんまり練りこまず、そばの形状が残っている程度に軽くもんだ方が、間に空気が入って食感がよかったです。

IMG_4625.jpg

IMG_4626.jpg

IMG_4629_20131215233306633.jpg
形を整えて、フライパンで両面を色よく焼き、弱火でじっくりと中まで火を通します。

IMG_4636_20131215233326311.jpg
片面にさきほどつくった葱味噌を塗って、

IMG_4659_20131215233331561.jpg
オーブントースターで焦げ目がつくくらい焼きます。
もうこの時点でよだれダラダラとなるくらい香ばしい匂いが(笑)。

IMG_4663.jpg

IMG_4678.jpg
今回の3つのメニュー、すべて完成! 

IMG_4672.jpg

IMG_4675.jpg
いざ、実食!

IMG_4677.jpg
雪のためいっぱいキャンセル者がでてしまい料理が余ってどうしたもんかな、と思っていたところ、おとなりの公民館講座に参加していた方々が合流してくださいました。

IMG_4680.jpg
恒例の懇親会で、みなさん料理の印象などを。

IMG_4681.jpg
山口先生、ありがとうございました。
今日のメニュー、もしかして後日そば伝承館の新メニューになってるかも????(笑)

今後も山都の特産品を活かした料理教室を行っていきたいと思っています。


関連記事

迷い仔猫 続報 «  | BLOG TOP |  » 大雪、倒木

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (77)
G.T.イベント報告 (81)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (10)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR