topimage

2018-04

雑穀おむすびの結その1 (初日) 雑穀甘酒クッキーづくり - 2014.05.01 Thu

いろいろ立て込んでいて、報告遅れてすみません。
先週、4月26~27日の二日間にわたり、「雑穀おむすびの結」シリーズの第一回を開催しました。
今回のプログラムは、お米の種まき作業をはじめ、雑穀甘酒クッキーづくり、飯豊山麓花紀行などなど。

まずは26日昼に山都へ集結、一ノ木黒森山荘にて「雑穀甘酒クッキー」づくり。

いきなりですが、これ何でしょう?

IMG_8130.jpg
はい、簡単ですね。どっから見てもシイタケ~。

IMG_8129.jpg
と、おもいきや、実は乾燥リンゴなのでした。

IMG_8119.jpg
この乾燥リンゴはじめ、あと干し柿やくるみがクッキーに入ります。

IMG_8139_201405011505374be.jpg
クルミ割りおねえさん。

IMG_8122.jpg
中身だけほじって出します。

IMG_8133.jpg

IMG_8146.jpg

IMG_8150_201405011505405e6.jpg
雑穀と小麦を製粉機で粉にしたもの。

IMG_8152.jpg

IMG_8153_201405011506172f3.jpg
これが五穀ごはんを炊いた後に麹をいれてつくった「雑穀甘酒の素」。
そのままなめてもおいしい、まさにジャパニーズ・ヨーグルトです。

IMG_8157.jpg
その雑穀甘酒やドライフルーツを混ぜて、

IMG_8161.jpg

IMG_8164_201405011509122b2.jpg
あまり練り込まないよう気を付けて、クッキーの形に整えます。

IMG_8166.jpg

IMG_8171_20140501150915d40.jpg

IMG_8177_2014050115091676e.jpg

IMG_8178.jpg
そしてオーブンへ。

IMG_8181_2014050115093641a.jpg
とってもおいしいクッキーをみんなで堪能しました!

なお、詳しいクッキーレシピ、その他雑穀料理レシピ、雑穀の栄養、魅力等についてさらに知りたい方は
大谷ゆみこさん著 「つぶつぶ甘酒雑穀スイーツ 甘さが美味しい驚きの簡単スイーツレシピ」 学陽書房
つぶつぶクリエーターゆみこさん著「穀物と野菜でつくるつぶつぶクッキングSTART BOOK」 学陽書房

をぜひご覧ください。

また大谷ゆみこさんの「つぶつぶ」HPは→こちらをクリック


IMG_8188.jpg
そして、黒森山荘から歩いて行ける山都の名湯「いいでのゆ」にゆっくり浸かった後、夕飯の準備をみんなで開始。

IMG_8190.jpg
雑穀のひとつ「高キビ」をたっぷり入れた手作り餃子。

IMG_8194.jpg

IMG_8196.jpg

IMG_8197.jpg
これに特製ニラソースをかけて食べます。
もうほんと最高(笑)。

IMG_8198_20140501163508fd6.jpg
そしてさらに絶品なのが、この
「もちキビのミモザソテー」。
ワカメに炊いたもちキビをからめたものですが、ワカメのシャキシャキともちキビのふんわりモチモチ感が絶妙にマッチしていて、ひとりで一皿食べちゃいたいくらいでした(笑)。

IMG_8199.jpg

IMG_8219.jpg
そして浅野氏の雑穀料理の代名詞、「玄米粉甘酒カレー」。

IMG_8200.jpg
今回は第一回ということで、お互い面識ない参加者も多いので、それぞれ自己紹介を。
いやー、変わった経歴の持ち主が多いこと(笑)。

IMG_8201_201405011635138ff.jpg

IMG_8220.jpg
デザートは、豆乳ヨーグルトとイチゴと甘酒のシャーベット。

IMG_8202.jpg
そして、あかりを落として、おまちかね、
ArisAさんのライブ。

IMG_8206.jpg

IMG_8207.jpg
ArisAさんのプロフィール。

「呼吸と声から派生する、あらゆる響きやリズムで色彩を運ぶ唄い手。
自在な声の表現を生かし、多様な芸術領域や文化の境界を分け隔てなく
行き来できる根源的で自由な存在を目指して活動を続けている。
ソロ活動の他、翠緑の視界を持つ旅人の音楽「Lupe∝」、
太鼓と唄の超次元セレモニーバンド「SUNDRUM」、
声と鍵盤ハーモニカのための倍音集団「つむぎね」に参加。
2014年より生活拠点を喜多方市山都町へと移行。現地では農作業と食を始めとする
自然の営みのリズムと共にある唄を模索している。」


IMG_8209.jpg
アリサさんの指導で、種まきソング「めよでろ」をみんなで練習。






IMG_8211.jpg

IMG_8214.jpg

IMG_8216.jpg

IMG_8225.jpg
今回のシリーズの主役、浅野健児さん、通称「雑穀王子」のソロも飛び出し、宴は延々と夜更けまで続いたのでした。

浅野健児さんのプロフィール

「学生時代に風邪をこじらせたことをきっかけに食と農のことに関心を持つようになる。
卒業後、自然豊かな環境で自然と一体の心豊かな暮らしを目指して、「緑のふるさと協力隊」に参加。
岡山県の農村、鏡野町で活動。 その後、飯豊山の麓、福島県喜多方市山都町へ移住して、今年で6年目になる。
田んぼや畑でお米や雑穀、野菜を育て、それらを美味しくいただく生活を楽しく実践している。
昨年10月に農泊「黒森山荘」を開業。農作業体験と自然食付きの宿泊ができる。
おむすびの食材を自分たちで育て手作りし、味わう企画 雑穀「おむすびの結(ゆい)」を昨年に引き続き、今年も開催している。」



というわけで雑穀おむすびの結その1 二日目に続きます~。
関連記事

雑穀おむすびの結その1 (二日目) 種まき&山都花巡り «  | BLOG TOP |  » 旧越後街道探索ウォーク その1 会津若松~野沢編 参加者募集

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR