topimage

2017-11

会津北方桐細工体験(with 長床シンポジウム) 無事終了しました。 - 2014.09.29 Mon

昨日28日に「会津北方桐細工体験」を山都町木曽の「佐藤工房(こちらをクリック)」で行いました。

DSCF4323.jpg
講師は石臼づくりのプロ、佐藤勝次朗氏。

DSCF4338.jpg
軽くレクチャーを受けた後、さっそく作業開始。

DSCF4335.jpg
まず桐材の全面にやすりをかけて滑らかにします。

DSCF4342.jpg
続いてカップを置く場所などをくりぬきます。

DSCF4348.jpg
外枠を中心におおまかにくりぬいたあと、、、

DSCF4355.jpg
ノミで丁寧に彫っていきます。

DSCF4359.jpg

DSCF4363.jpg

DSCF4366.jpg

DSCF4368.jpg

DSCF4370.jpg

DSCF4372.jpg

DSCF4380.jpg

DSCF4388.jpg

DSCF4395.jpg

DSCF4400.jpg

DSCF4401.jpg
面を取り、全体をヤスリで仕上げてカタチはできあがり。みなさん、「アーティスト」ですねえ(笑)。

DSCF4405.jpg
ここから、あの桐独特の木目とツヤを出す作業。

DSCF4415.jpg
表面を結構ガンガン焼きます。

DSCF4418.jpg

DSCF4424.jpg

DSCF4430.jpg

DSCF4440.jpg

DSCF4444.jpg
炭になっちゃいました。。。というわけでなく、

DSCF4450.jpg
今度は表面の炭をどけるように磨きあげます。

DSCF4453.jpg

DSCF4464.jpg

DSCF4466.jpg
見事に木目が浮かび上がりました。

DSCF4469.jpg

DSCF4470.jpg

DSCF4472.jpg
ツヤもばっちり出ています。

DSCF4473.jpg
最後に記念撮影。
参加者みなさんそれぞれ作ったものが違っていて、個性がでて面白かったです。

講師をしてくださった佐藤氏は、普段は石臼のメンテナンス等で飛び回ってる忙しい方ですが、山都に活気を取り戻したいと今回の企画を私のところへ持ち込んでくださいました。
忙しいときはもちろん無理ですが、手が空いているときは山都に遊びに来てくれる人は歓迎してくれますので、ご興味のある方、まずはご連絡を。

石臼の佐藤工房 
TEL 0241-38-2875

DSCF4481.jpg
お昼は山都のおいしい蕎麦屋「やまと路(こちらをクリック)」で。

DSCF4480.jpg
いつ行ってもほんとおいしいです。
来月はいよいよ新そば登場です!

DSCF4482.jpg
午後はそのまま参加者を連れて喜多方市街地へ場所を移し、文化財シンポジウム「長床を考える~長床の性格と熊野神社本殿の建築年代~」へ。
このシンポジウムは昨年夏の第1回に続く2回目。
第1回は考古学、建築学、文献学、そしてC14年代測定法に基づく長床の建築年代の推定でしたが、(そのときのブログ記事→こちらをクリック)今年は寝殿造を専門とする建築史家から見た長床がどのような目的で使われていたのかと、本殿の建物調査による建築年代推定、昨年同様C14年代測定法に基づく熊野神社本殿と御神像の年代測定結果の発表がありました。

DSCF4483.jpg
発表内容をざっくりまとめると、
・長床の開放的な空間、規模などから、儀式専用の建物、それも敷物を敷いて座った形=大宴会などに使っていたのではないかと想像される。
・建物調査による修理個所や建築様式などから推定すると、文亀元年(1501)の大地震で本殿は倒壊し(長床はこのときは無事だったものの1611年の地震で倒壊)、今のものはその頃再建されたと思われる。
・本殿の三社のうち、新宮はその文亀再建時の状態を維持、本宮はその後も解体修理を受けているものの古材がかなり現存、那智宮は軸部は再建時のものを維持しているものの、三社以外の社殿の部材も使われている。
・C14年代測定法での結果は新宮御神体男神が平安中期(1039~1165)に伐採された用材を使用、新宮殿丸柱は1449~1471年あたりの部材と出た。

DSCF4486.jpg
私の個人的な印象ですが、今年は昨年のようなセンセーショナルな雰囲気はなかったですが、逆にさらに謎が深まったような、今後の展開にますます興味をおぼえるような、そんな内容だったような気がします。

これからも期待大だし、こうして喜多方の誇る貴重な文化財、長床への注目度が増していくムーブメントはとても素晴らしいですね。
関連記事

「飯豊山」の名の由来 «  | BLOG TOP |  » 10/25-26 雑穀おむすびの結その4 稲刈り&雑穀収穫 参加者募集

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (77)
G.T.イベント報告 (81)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (10)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR