topimage

2017-07

「山都八景」 発表! - 2014.10.09 Thu

山都には1日中でも眺めていたい素晴らしいビューポイントがたくさんあります。
この2年半もの間G.T.イベントや個人的に山都町内をまわって、山都の誇る絶景をもっとアピールしてみたいとずっと思ってました。
そこで。
山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会公認?(というか私堀口の独断ですが。。(苦笑))
「山都八景」をここに発表します。

山都八景
1.一ノ戸橋梁
2.飯豊大滝
3.鏡桜
4.沼ノ平福寿草群生地
5.龍ノ山氷筍洞窟
6.龍ノ山巨石群(イワウチワ群生地)
7.高沢堤
8.牧野そば畑


番外
撫木カタクリ群生地
舟岡からの飯豊山
大平山からの中反集落


山都八景各場所の位置図はこちらをクリック
(番外3つの位置図は→こちらをクリック

1.一ノ戸橋梁
JR磐越西線、山都の東側にある一の戸橋梁は、明治43年(1910)に開通し、平成22年(2010)12月15日に完成から100年を迎えました。
完成当初は「東洋一」の規模を誇り、優美で、建築的、文化的価値に優れた橋梁は、経済産業省の「近代化産業遺産」にも指定されています。
磐越西線では「SLばんえつ物語号」と称して、4月~12月くらいまで、土日祝には新潟~会津若松間を1日1往復SLが走るので、この橋は絶好のSL撮影ポイントとして、愛好家でにぎわってます。
そんな一ノ戸橋梁では、大体山都でのイベント開催日にあわせて毎月のようにライトアップを行ってます。
私も何度か見たことありますが、まさに宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を彷彿とさせる幻想的な雰囲気を味わえます。
2.IMG_8411-001

1.岩越鉄道線第一工区原川架設工事

一の戸川鉄橋工事中

DSC_0238-001.jpg

IMG_6336-001.jpg

山都町観光協会賞【コスモス街道】-001

ライトアップ-001


2.飯豊大滝
飯豊連峰の直下、大白布沢の源流に、3段、60mの大滝があります。
現在は川入から30分の歩きで御沢キャンプ場、そこから1時間半の歩きで大滝に着きます。
それほど険しいわけではありませんが、3か所川を渡らねばならず、増水時は危険ですので、初心者のみで行くのはご遠慮ください。
しかし、一番上部の滝つぼまで降りられ、マイナスイオンを体いっぱいに受けられることうけあい。
7月いっぱいまで雪渓が残り、6月から7月中旬までは雪渓歩きも楽しめます。
また、10月中旬~下旬は燃えるような紅葉に包まれます。
IMG_6657-001.jpg

CIMG6696_201410081700389c1.jpg

CIMG6713_201410081700403ed.jpg

IMG_0616-001.jpg


3.鏡桜
福寿草で有名な沼ノ平地区の西のはずれにこの美しい桜の名木はあります。
品種はオオヤマザクラ。
樹齢は100年くらいとそれほど古いわけではありませんが、枝ぶりの見事さ、そして名前の由来となった湖面に映る「逆さ桜」の美しさなどから、近年写真家を中心に人気が高まっています。
また、以前に当ブログでもご紹介した「東北・夢の桜街道~桜の札所八十八ヵ所」(こちらをクリック)の第十四番札所として選ばれています。
鏡桜の詳しい説明は→こちらをクリック
鏡桜の咲く時期は年によって前後一週間くらいばらつきますが、だいたい4月下旬くらいです。開花から満開、そして散るまでがあっという間で(天気いいと4日間くらい)、遠方の方はジャストで観るのがなかなか難しい桜です。
10155421_482675508526533_1933667097850113899_n-001.jpg

IMG_2807-001.jpg

P4270174-001.jpg


4.沼ノ平福寿草群生地
沼ノ平集落内の約5ヘクタールの敷地に100万株以上の福寿草が咲きみだれる日本最大級の福寿草の群生地です。
3月中旬から4月中旬にかけて、黄金の絨毯を敷きつめたような美しい光景がひろがります。
IMG_6184-001_2014100616582254d.jpg

IMG_6190-001.jpg

IMG_6196-001.jpg


5.龍ノ山氷筍洞窟
山都北部にある龍ノ山一帯は、今から1億5千万年から2億年前に海底の堆積岩が隆起してできたといわれ、巨石群や洞窟が山域に点在しています。
その洞窟内には、長い年月をかけ限りなくピュアに浄化された水が滴り落ちていて、厳冬期にはその一滴一滴が地上で凍りつき、筍(たけこの)のように成長します。
2メートルを越えるものから小人のようなかわいいものまで、様々な形や大きさの氷筍が立ち並び、ひとつひとつに「いのち」が宿っているようにしか思えない不思議な空間。
鍾乳石と違って、永い年月をかけてできたものではないですが、逆にせいぜい2ヶ月の命、そのはかなさに「究極の美」を感じます。
人類が生まれるはるか昔から、伸びては融け、そびえては崩れ、気の遠くなるような年月そんな営みを繰り返してきた氷筍たち。
身を切るような寒さ、凛と張り詰めた空気の中、洞窟前に佇み、そんな「氷の記憶」にしばし思いを馳せる。。。最高の贅沢です。
道はなく急斜面。行く場合は必ず現地に明るい人とご一緒に。
山都G.T.では毎年2月に氷筍観察イベントを開催しています。
IMG_0885-001.jpg

IMG_0966-001_20141006165851955.jpg

IMG_7011-001.jpg


6.龍ノ山巨石群(イワウチワ群生地)
氷筍洞窟のある場所の南東、同じく龍ノ山の近くに、中生代ジュラ紀(1億五千万年~2億年前)の海底の堆積岩が織り成す不思議な空間があります。
それぞれ名前を付けたくなるような奇岩、巨岩が林立し、「胎内くぐり」ができる場所もあります。
また、このあたり一帯は4月下旬にイワウチワが咲き乱れます。
IMG_6975-001.jpg

IMG_3109-001.jpg

IMG_3096_201410091010524a3.jpg

IMG_3104_20141009101054695.jpg

IMG_3093_20141009101051766.jpg
チャート

IMG_4566-001.jpg
イワウチワ


7.高沢堤
そばで有名な宮古地区、そば屋が並ぶ集落の少し手前を左折してしばらく行くと、高沢堤に着きます。
磐梯山方面をのぞむ景色もきれいですが、なんといっても中の島のある湖面の雰囲気が最高で、杉林とのマッチングがまるで東山魁夷の絵画のような美しさです。
特に夕方は息をのむような美しさですが、時間帯、季節によって全然違う顔をみせてくれるのでそれも魅力です。
まだその存在はあまり知られてないので、特に写真家の方にはおススメです。
昨年地元の有志で大規模な桜の植樹を行ったので、将来桜の名所にもなるかもです。
IMG_9405-001.jpg

IMG_9408-001.jpg


8.牧野そば畑
かつては牧場だった場所なので牧野(ぼくや)と呼ばれていますが、現在はそば畑。面積も広く、丘陵地帯でアンジュレーションがあるので、そばの花の白いじゅうたんの絶景が楽しめます。
そばを蒔く時期次第ですが、例年は9月上旬から中旬が花期です。
DSC_0008-001.jpg

DSC_0025-001.jpg


番外
撫木カタクリ群生地
大規模林道山都線の途中にカタクリの群生地があります。
泣く泣く「番外」とさせていただきましたが、年々花の範囲が拡大しているようで、花期はほんときれいです。
最近は咲く時期になるとポイントポイントにのぼりをたてるので場所はわかるかと思います。
遊歩道の整備も徐々にすすんでいます。
花期はだいたい4月中旬から下旬ですが、その年の雪の状況にもよります。
DSCN0409-002_2014100617004852e.jpg

IMG_6991-001.jpg

IMG_7006-001.jpg


舟岡からの飯豊山
山都というとすぐ飯豊山!とかえってくるように、飯豊は山都の代名詞的存在ですが、実は近すぎて山都町内では意外と飯豊山が一望できるところは少なかったりします。
町の南の方、この舟岡や千咲原あたりが飯豊山を一望できるいいスポットです。
IMG_8413-001.jpg

大平山からの中反集落
大平山(おおだいらやま)は登山道がなく、登るのは雪がついたとき限定なのですが、中腹から眼下に見える中反(なかぞり)集落は、なんだかヨーロッパアルプスのしゃれた村のように見えてとてもきれいです。
IMG_1587-001.jpg

ぜひ山都八景完全制覇目指して山都にお越しください。
関連記事

山都 今昔 «  | BLOG TOP |  » 雑穀収穫

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (74)
G.T.イベント報告 (78)
G.T.イベント関連 (78)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (9)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR