topimage

2017-05

こんにゃくづくり - 2014.11.20 Thu

12月に行うイベント、こんにゃくづくり体験の実際を学びに行ってきました。

DSCF7215.jpg
大きなこんにゃくいも。1.5㎏近くありました。
本番ではひとり300gくらい使う予定ですので、これで4人分くらいあります。

DSCF7233.jpg
皮をむいて、手ごろな大きさに切り、水を足してミキサーへ。イモ300gに対し、水1ℓくらい。
なお当日の参加者には基本的にはおろし金でおろしてもらいます。

DSCF7252.jpg
火にかけ、焦げ付かないようにかき回しながらおよそ5分。
ねっちょりしてきたら火をとめます。

DSCF7257.jpg
こんにゃくを固めるための炭酸ソーダを準備。
昔はいろりとかから出る灰を溶いて、そのアクを使っていたとか。

DSCF7265.jpg
炭酸ソーダ粉末をお湯で溶いたものをくわえ、さっと全体にいきわたるように混ぜます。
まんべんなく、手際よく。 ここがどうもこんにゃくづくりのキモのような気がしました。

DSCF7274.jpg
冷やすと、すごい弾力。

DSCF7286.jpg
アクをとりやすくするため適当な大きさに切ります。

DSCF7292.jpg
30分~1時間くらいグツグツ煮ます。

DSCF7296.jpg

DSCF7308.jpg
で、あとは水を。
流水が理想だけど、数時間ごとにアクの出た水を換えればOKとか。

面白いのは色とか弾力とかは、コンニャクイモ次第で結構ばらつくとか。
例えば、成長の早かったイモは、結構スカスカで、出来上がりの重量も少なく、逆に成長に時間かかったイモは中身がぎっちりなのか、同じ重量のイモ使って作っても、出来上がりの重量が多いとのこと。
また、収穫の時傷ついたイモは出来上がりのコンニャクが黒かったり赤味がかったりするとか。
まさに生き物ですね。
興味深い。

DSCF7311.jpg
今日つくったコンニャクは頂いて帰ってきました。楽しみです。

関連記事

いいで荘より 忘年会・新年会プランのご案内 «  | BLOG TOP |  » 「かんじる」。

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (73)
G.T.イベント報告 (77)
G.T.イベント関連 (78)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (41)
その他 (79)
未分類 (9)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR