topimage

2017-10

雑穀おむすびの結その5 大豆収穫、干し柿づくり、脱穀 - 2014.11.25 Tue

11月22-23日に雑穀おむすびの結シリーズの第5回、大豆収穫、干し柿づくり、雑穀おとお米の脱穀を行いました。
まずは初日の模様を。

(1日目)
DSCF7330.jpg
雑穀畑はほぼ収穫も完了し、冬の装い。

DSCF7336.jpg
今回はその中でまだ未収穫の大豆の収穫作業から始まります。

DSCF7338.jpg

DSCF7339.jpg

DSCF7343.jpg

DSCF7349.jpg

DSCF7350.jpg

DSCF7352.jpg

DSCF7356.jpg

DSCF7359.jpg
大豆は茎が太いので、刈るのに結構苦戦していた方もいましたが、慣れてくるとペースもあがり、かなりの収穫。

DSCF7360.jpg

DSCF7369.jpg
大豆収穫後は、干し柿づくりを。
柿をつるす縄をなうところからはじまります。
まずは縄ない用のワラを打って柔らかくします。

DSCF7373.jpg

DSCF7375.jpg
そして縄を綯います。

DSCF7383.jpg

DSCF7386.jpg

DSCF7393.jpg
みてくれや完成度はともかく(笑)、みなさんそれなりにクリアー。

DSCF7415.jpg
つづいて柿の皮むき。

DSCF7399.jpg
柿はこうやって枝に鈴なりについています。

DSCF7431.jpg
それをひとつひとつこんな感じに「T」の字に枝を残して切ります。

DSCF7446.jpg
そのT字を縄のよりの間に差し込んで固定します。

DSCF7404.jpg

DSCF7467.jpg

DSCF7421.jpg

DSCF7432.jpg

DSCF7435.jpg
吊るす前に一瞬熱湯にくぐらせて、カビの発生を防ぎます。

DSCF7445.jpg

DSCF7450.jpg

DSCF7438.jpg
おいしい干し柿を食べれるの、楽しみですね。

DSCF7482.jpg
そして初日の作業終了、いいでのゆで汗を流したのち、黒森山荘で恒例の交流会。

DSCF7477.jpg
この日のメイン、「モチキビボール入り雑穀甘酒キムチ鍋」。
車麩、白菜、豆腐、ニラ、モチキビボールなどが入ってます。

DSCF7490.jpg
右側の器に入っている「甘酒コチュジャン」というピり辛みそをお好みでくわえます。

DSCF7488.jpg
モチキビボール。美味美味。

DSCF7478.jpg
右上:カブとリンゴとフノリの柿梅酢和え。
左下:ヒエとヤマイモのフリッター。面白いことになぜか白身魚のような味と食感。ノリがついてるのは、魚の皮をイメージしてるとか(笑)。

DSCF7480.jpg
ごはんはモチアワ入り。モッチモチしててさらに香ばしく味があって、食べ過ぎちゃいます(苦笑)。

DSCF7486.jpg
けんちん汁は野菜たっぷり。
にんじん、だいこん、ごぼう、かぼちゃ、こんにゃく、さといもなど。

DSCF7491.jpg
さつまいものきんつば。
さつまいもを塩蒸しして、タカキビ粉の衣をつけて焼いたもの。

DSCF7492.jpg
これがまたおいしい、ヤマイモのフライ(手前)とモチキビチーズコロッケ(奥)。

DSCF7494.jpg
コロッケはブロッコリーとニンニク入りポテトサラダにとろーりモチキビ入ってます。
絶品です!(笑)


(二日目)
いよいよ脱穀作業です。
DSCF7495.jpg
ドンモ。。ヤイダ。。て? いえいえダイヤモンドですね。
去年やおととしの山都G.T.稲作体験でも使った、昔ながらの足踏み式脱穀機です。

DSCF7496.jpg

DSCF7500.jpg
まずはタカキビを脱穀します。

DSCF7508.jpg
足でペダルを踏んでドラムを回転させ、そこに束を押し付けて実をそいでいきます。



DSCF7514.jpg

DSCF7522.jpg

DSCF7535.jpg



DSCF7542.jpg

DSCF7546.jpg
結構とれました。
これを唐箕にかけます。

DSCF7547.jpg
これが唐箕(とうみ)です。
左の風車をまわして風を送り、上から落とす穀物から、籾殻や屑などを吹き飛ばして取り除く装置です。
「唐」ということからもわかるように中国から伝来したようですが、足踏み式脱穀機が明治の末期の発明品という比較的新しいものであるのに比べ、この唐箕はなんと江戸時代からすでに使われていたのだそうです。
この唐箕が日本で初めて紹介された本というのが、何を隠そう、会津の誇る名著「会津農書」(1684年編纂)なのです!

DSCF7569.jpg

DSCF7557.jpg
風の強さを調整しながら、上から脱穀したものを落としていくと、手前に一番重い必要な穀物が選別されて出てきます。

DSCF7551.jpg
正面方向には一番軽い主に夾雑物が飛んで出ます。

DSCF7549.jpg
二番出口にはその中間の重さのもの。この中には実の入ってるものも混ざってるので、これをもう一度唐箕にかけて選別します。

DSCF7563.jpg
これが夾雑物が取り除かれたタカキビ。

DSCF7553.jpg

DSCF7584.jpg
続いてお米の脱穀。

DSCF7588.jpg
こちらも唐箕にかけて。

DSCF7593.jpg

DSCF7595.jpg

DSCF7598.jpg
籾摺り機へ。

DSCF7602.jpg
玄米になりました。
来月食べるの楽しみですね。

DSCF7605.jpg
最後にモチキビを脱穀しました。

DSCF7613.jpg

次回その6は今日午前中にアップしたように12月13-14日開催です。
こんにゃくづくり体験と収穫祭。
ご興味ある方ぜひご参加ください。

関連記事

飯豊の幸「やまとのみそ」つくり体験 無事終了しました。 «  | BLOG TOP |  » 12/13-14 雑穀おむすびの結その6 収穫祭&たくあん、こんにゃく作り  参加者募集

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (76)
G.T.イベント報告 (81)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (10)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR