topimage

2017-06

かつての山都の初市、そして「木曽村之市」、「木曽ビツ」 - 2014.12.25 Thu

昨日、来年の山都初市のチラシを紹介しましたが、前から山都の年配の方々に「木曽(山都)の市は昔はすごい規模だったんだ、喜多方の小荒井を凌ぐくらいだったんだ」と聞いていたので、あらためて調べてみました。

山都町史第3巻民俗編の460ページに木曽の初市の記述がありました。
全文引用します。
「正月13日は、木曽の初市である。この日、市の立つ場所は木曽の本通りで、通りの中央に市神様を祀る。
人々はまずこの市神様にお賽銭を供えて参拝し、おみくじを買って一年の運勢を占い、思い思いの露店で買い物をするが、イチアメと称する白飴、ダルマ、オキガアリコボシ、風車などの縁起物は必ず買うものとされていた。
ダルマは七転び八起きを意味し、風車はクルクル回ることから「手が回る」と言って仕事がはかどるのを祈念する意味があった。またオキアガリコボシは家族の数だけ買って、一つ一つに家族の名前を書いて転がし、細工がまずく起き上がらないものがあったりすると、それに記されている名前の者を「だれそれはネボスケだ」などとはやしたてた。
ダルマと風車は神棚に、オキアガリコボシは仏壇のふちに飾っておき、前年のものは川に納め、毎年新しいものに買いかえた。
ごく昔は、初市には各農家が自作したものを持ち寄って売買した。例えば、マナ板、手オケ、コタツヤグラ、団子刺しの木、ワラ細工などで、なかでもコタツヤグラは宮古あたりの農家でも作ったが本職の指し物師が作るよりも、細工は不器用であるがいつまでも狂いが来ず長持ちをしたものという。」


興味深いですね~。
往時の様子のイメージを膨らませてる自分がいます。
だるま、起き上がり小法師、風車は、現在でも縁起物として店にならびますね。
当時の市の様子の写真とかあれば見たいなと思っていろいろあたっているのですが、なかなかみつかりません(苦笑)。


また、私がよく聞かされていた「すごい規模だった」木曽の市については、堂山の宮城不二男家の古文書に「木曽村之市」という記述あり、享保2年(1717)に木曽で月に三と八のつく日に市が開かれ、いさば(塩漬けや干した魚)、古手(古着古道具)、茶、塩、糸、小間物などを木曽10店、広野7店の市場で売られていたが、繁盛しすぎて喜多方の小荒井村や小田付村から苦情が出て、5と10のつく日に変更した、とありました。
なるほど、本当だったんですね。確かに山都は新潟との交易の要衝となるいい場所にありますし。
そして、市神さまを祀る市神社は、かつては今の小山公園(宇多郎まんじゅうの裏手)に諏訪明神と並んで建っていたそうですが、損傷が激しく、享保10年(1725)に広野東福寺境内の申王権現の宮へ奇宮したそうです。
今でも小山公園には市神のシンボルとして、大きな石が残っています。

そして山都の祭りについては現在も8月24日25日に行われている「木曽ビツ」。
木曽宗像神社と広野伊豆神社の祭りで、「ビツ」という意味や漢字は残念ながらいろんな人に聞いてもわかりませんでした(苦笑)。
今は細々と続いている感じですが、大正、昭和初期頃には、太鼓台や御神輿はもちろん、サーカスやバイクの曲芸団、相撲、お芝居、カラクリ、瀬戸物屋、ノゾキ部屋まであったとか。
神社境内では豊年踊りを七重八重にもなってみんなで踊り続けたとのことで、年に一度の大イベントだったんですね。
当時の規模のを観れるものなら観てみたい。
いや~、これも写真か何か残っていればいいな、なんて今いろんなお年寄りに聞いてみてます。

山都、かつてはすっごく熱かったんですね。
往時には戻れないにしても、やっぱり後世に伝えていけるように。

関連記事

2/15 氷筍洞窟トレッキング 参加者募集 «  | BLOG TOP |  » 1/13 新春恒例!伝統の「山都初市」

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (73)
G.T.イベント報告 (78)
G.T.イベント関連 (78)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (41)
その他 (79)
未分類 (9)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR