topimage

2017-06

三島町高清水地区の伝統行事 「雛流し」 - 2015.03.04 Wed

毎年3月4日に、三島町の高清水地区において「雛流し」という県の重要無形民俗文化財に指定されている伝統行事が行われます。
今回初めてそれを見ることができました。


雛流しは女性のいる家庭だけ、家族の女性の数(嫁いだりして今高清水に住んでいなくても数に入れるそうです)だけ3月2日に紙雛をつくって、二日飾ったのち、3月4日に地区の男の子が新しい木箱を持って各戸を回って紙雛を回収し、只見川に流す、という行事です。

DSCF1255.jpg
最初に見せていただいた方の紙雛は、千代紙を使用してこれ自体が優れた工芸品ともいれる美しいものでした。
たった2日で川に流しちゃうなんてなんだかもったいないような(苦笑)。

DSCF1251.jpg
髪結いの形もしっかり表現されています。

DSCF1252.jpg

DSCF1257.jpg
一軒一軒紙雛を集める男の子が来ました。

DSCF1258.jpg
基本的に部外者は私くらいしかいないようでしたが、TVや新聞社はすごい数きてました。

DSCF1259.jpg

DSCF1263.jpg

DSCF1265.jpg
興味深いのは、紙雛の色や形は各戸でかなり違って個性的なこと。

DSCF1267.jpg

DSCF1273.jpg

DSCF1274.jpg
こちらの方のものは3代にわけてつくってあるそうです。

DSCF1276.jpg

DSCF1277.jpg
そして、実際に雛流しを行う場所へ。
かつては地区の近くだったそうですが、ダムができて流せなくなったので、今は少し離れた只見川と大谷川の合流地点あたりで行っています。
以前来たこともある源泉かけ流しの温泉宿「栄光館」の裏手から川へ。
見事に除雪されているなあと一瞬思ったのですが、、、

DSCF1278.jpg
それもそのはず、常に温泉が流れているのだから、排水溝の周りに雪がないのは当然といえば当然ですね。

DSCF1290.jpg

DSCF1293.jpg

DSCF1298.jpg

DSCF1304.jpg

DSCF1316.jpg
そしていよいよ祈りを込めて紙雛を流す瞬間。

DSCF1319.jpg

DSCF1322_20150304161758cd0.jpg

DSCF1323.jpg
紙雛が身代わりとなって、人間の穢れをまとって只見川を流れていきます。
これが紀州の神社へ流れ着き、願いをかなえてくれるとか。

DSCF1326_20150304161803cb1.jpg

DSCF1329.jpg

DSCF1331.jpg
この「流し雛」の風習が残っているのは、ここ高清水地区が東日本では唯一だとか。
いつもこの言葉でしめることになってしまうのですが(苦笑)、この貴重な伝統行事、ずっとずっと後世まで受け継いでいってほしいなと思います。


関連記事

小栗上野介と、喜多方に散ったその家臣 «  | BLOG TOP |  » 雑穀おむすびの結その7 ワカサギ釣り&みそづくり (2日目)

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4111
福島県喜多方市山都町
字蔵ノ後954-1 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (73)
G.T.イベント報告 (78)
G.T.イベント関連 (78)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (9)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR