topimage

2018-04

注連縄づくり - 2012.08.31 Fri

9月1日の例大祭を前に、山都町一ノ木地区で注連縄づくりが行われました。
先日のわらすぐりの模様はこちらをクリック

昨夜は雨だったので、体育館の中で。
IMG_7787.jpg
写真中央のちょっと黒っぽくなってるのが昨年からの注連縄です。

IMG_7814.jpg
まずは御神酒でお清め。

IMG_7817.jpg
これは社務所用の細い注連縄です。実は以前、私もちょっとだけ集落の長老に教えてもらったことあるのですが、手のひらを転がしなら束ねつつ逆側によっていくのが非常に難しく、よくできませんでした(苦笑)。
イネを7本、5本、3本と変えながら「ヒゲ」を出していきます。
まさに「匠」の技ですね。一ノ木の人でも結える人は限られているようでした。

IMG_7849.jpg

IMG_7822.jpg

IMG_7831.jpg
こちらは鳥居用の大注連縄。
3本ヨるうちの一本ですが、中央を太く端へいくほど細く、ワラを束ねてつないでいきます。

IMG_7837.jpg

IMG_7839.jpg

IMG_7874.jpg
昨年の太い注連縄に下がっている飾り。正式名称はどの方に聞いても不明で(苦笑)、「ぼんぼり」とか「たわし」と呼ばれてました。

IMG_7852.jpg
その「たわし」の作り方。
まずはワラをそれなりのボリュームで束ねます。

IMG_7856.jpg
で、折り返して。

IMG_7864.jpg
また束ねる、という、縄づくりよりは意外と簡単な感じでした。

IMG_7872.jpg

IMG_7880.jpg
で、適当な長さに切ってそろえて完成。↓

IMG_7905.jpg

IMG_7888.jpg
いよいよメインの大きな注連縄を。

IMG_7899.jpg
まずは2本をよります。

IMG_7908.jpg

IMG_7911.jpg

IMG_7913.jpg

IMG_7901.jpg

IMG_7914.jpg

IMG_7926.jpg
そして次にさらに1本をあわせて3本よりに。

IMG_7940.jpg

IMG_7968.jpg

IMG_7969.jpg

IMG_7971.jpg

IMG_7941.jpg

IMG_7957.jpg
「タワシ」をつけて完成。

IMG_7973.jpg
よく神社とかに掲げられている注連縄がこんな風につくられているとは。
最初からすべての工程を見れて感激でした。
やはり後世に伝えていきたい大切な大切な日本の伝統ですね。

本当はこの日のうちに鳥居につけてしまうそうですが、この日は雨。
例大祭の当日朝につけるそうです。

明日9月1日はいよいよ例大祭本番。

日程的には
10:00 飯豊山神社 神事
11:30 出雲神社 神事
12:00 神輿、山車
15:00 祭り終了
といった感じだそうです。

私はもちろん行く予定です。
例大祭の場所等詳細は→こちらをクリック
飯豊山神社の福島県指定重要文化財、銅造五大虚空蔵菩薩坐像もご開帳となる日です。
みなさん、お時間あれば是非お越しください。
関連記事

三ノ倉のヒマワリ «  | BLOG TOP |  » 今日現在の体験田んぼ

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR