topimage

2018-04

檜枝岐歌舞伎伝承館「千葉之家」落成記念公演 - 2012.09.24 Mon

南会津檜枝岐村に伝わる桧枝岐歌舞伎は、江戸時代に村人がお伊勢参りに行った折、上方や江戸で見聞きした歌舞伎を村の娯楽に取り入れたのが始まりと言われています。
檜枝岐歌舞伎は、時世の変遷や役者の個性などの影響をあまり受けず、古典そのままの振りがしっかりと受け継がれてきているのが特徴で、歌舞伎は県の重要無形民俗文化財、舞台は国の重要有形文化財に指定されています。

こちらをクリック

檜枝岐歌舞伎は1度ナマで鑑賞してみたいと思ってたのですが、結構ウチから遠いのと年数回しかやっておらず、なかなか日程があわなくて実現できずにいました。
が、今回、歌舞伎の舞台のとなりに「檜枝岐歌舞伎伝承館」が完成し、その落成記念公演が特別に行われるとのことだったので、思い切って行ってみることにしたのでした。

IMG_8846.jpg
ちょっとはやく着いたので、村内をしばらく散策しました。これは国道沿いにある六地蔵。
山深いこの地、凶作の年には多くの餓死者がでるほど食糧不足になるため、赤ん坊が間引きされることがあり、この六地蔵はその霊を弔うために建立されたとのことです。悲しい話ですね。。。

IMG_8847.jpg
セイロウ造り板倉。
板倉は火事から大切な穀物を守るため、家から少し離れた畑の中に建てられました。板をセイロウのように組み合わせ、窓はなく釘や柱もいっさい使用されておらず、建築の年代は定かではありませんが、この様式は奈良の正倉院と同じだそうです。

IMG_8854.jpg
橋場のバンバ。本来は子供を水難から守ってくれる水神様だそうですが、ここではそれ以上に「縁結び・縁切り」の神様として有名です。
手前左右のでっかいはさみわかりますか?左は新しいはさみで、右は錆びたはさみです。悪縁を断ち切りたい場合は左側へ新しいはさみを、良縁で切りたくないときは右側に錆びたはさみを供えるそうです。

IMG_8861.jpg
これが9月1日にオープンした檜枝岐歌舞伎の概要や歴史を紹介する檜枝岐歌舞伎伝承館「千葉之家」。

IMG_8863.jpg

IMG_8864.jpg

IMG_8866.jpg
国の重要文化財である舞台。「舞殿(まいでん)」と呼ばれています。

IMG_8870.jpg
観客席は石段なんですね。

IMG_8876.jpg

IMG_8890.jpg

IMG_8900.jpg

IMG_8901.jpg
15:30いよいよ開演。

IMG_8913.jpg
地元檜枝岐中学校の生徒さんによる「寿式三番叟」。
その日の舞台清めと公演の無事を祈るために毎回最初に必ず舞うそうですが、学校の授業のひとつとしてこれがあるそうで、伝統を守る村としては素晴らしいことですよね。



IMG_8911.jpg

IMG_8927.jpg
続いて特別ゲスト、善養寺恵介氏による尺八と、遠藤千晶氏による箏の演奏がありました。

IMG_8943.jpg
その後17時からいよいよ檜枝岐歌舞伎。
数ある演目の中で、この日は「義経千本桜」が披露されました。

IMG_8946.jpg

IMG_8947.jpg
ストーリーとしては、頼朝と不和になった義経が、都を落ちる際、静御前と別れるシーンの話。
本来の重臣佐藤忠信が、歌舞伎では狐の化身として登場してきます。



実は私は高校時代以来の歌舞伎鑑賞で、当時私の高校では芸能鑑賞会というのがあり、皇居の近くにある国立劇場で鑑賞したのですが、どんな演目でどんな内容だったか全く覚えておらず(苦笑)。
何言ってるかもわからずに全然面白くなくて、おそらく私を含めた生徒の8割は寝ていたのではないかと。。。

ところが!
今回はストーリーや登場人物をよく知っていることもあり、セリフもよくわかり、とても楽しめました。
時は流れ、人間、成長するのだな、と(笑)。

IMG_8958.jpg

IMG_8962.jpg

IMG_8968.jpg

IMG_8972.jpg

IMG_8983.jpg



IMG_8997.jpg

IMG_9003.jpg

IMG_9010.jpg

IMG_9018.jpg

IMG_9037.jpg

IMG_9048.jpg
他に娯楽もなく、村民唯一の慰安して伝承されてきたと言われている檜枝岐歌舞伎。
それが、いろんな娯楽が溢れている現代において、私には逆に最も光を放っているように感じられる、というのが興味深いですよね。

これもまた会津の宝として、ずっとずっと伝承されていくことを切に願います。

来年は定期公演を鑑賞しに、再び檜枝岐村を訪れてみようと思います。
関連記事

福島民報9/23 日曜論壇より «  | BLOG TOP |  » 稲作体験その3 稲刈り体験&収穫を祝う会 無事終了しました!

プロフィール

山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 

Author:山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒969-4135
福島県喜多方市山都町
字広中新田1167 
喜多方市山都総合支所 産業課内
TEL 0241-38-3831
FAX 0241-38-3899
Eメールアドレス:
info@yamato-gt.whitesnow.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最新記事

カテゴリ

G.T.年間スケジュール (5)
G.T.イベント案内 (79)
G.T.イベント報告 (83)
G.T.イベント関連 (79)
会津発見塾 (11)
山都の店情報 (10)
山都情報 (190)
他イベントリポート (42)
その他 (79)
未分類 (12)
喜多方情報 (50)
会津情報 (18)
山都の花情報 (7)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク1

リンク2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR